Windows10(V.1809)、切り取り領域とスケッチ

Windows10の October 2018 Update によりSnipping Tool は「切り取り領域とスケッチ」へ移行することが推奨されています。しかし個人的には Snipping Tool の方が画面切取りという本来の目的からは使い易いと思います。最近のWindows のアップデートはアプリに関してはスマホ目線の対応が多い気がする。スマホとパソコンは基本的に使い方が異なっていると思う、パソコンについてのあるべき姿、概念を考えて欲しい。
「切り取り領域とスケッチ」では切取った画面に手書き書き込みができたり、定規・分度器の機能で直線や円(円弧)ができますが機能的には不十分。Snipping Tool で切取り、フォトレタッチ( GIMP など)で加工する方が機能的にも操作性からも良い。Snipping Tool はこれからも使えますので私は「切り取り領域とスケッチ」は当分使いません。

しかしこのブログは「切り取り領域とスケッチ」について書いてみます。
画面の切取りのため Snipping Tool を起動すると「切り取り領域とスケッチ」への移行が促されます。「切り取り領域とスケッチを使ってみる」をクリックすると「切り取り領域とスケッチ」が起動します。
50-クリップ
「切り取り領域とスケッチ」起動画面
51-クリップ

「切り取り領域とスケッチ」の機能
1.遅延
Snipping Tool では遅延設定は1秒から5秒まで設定できましたが、「切り取り領域とスケッチ」では3秒と10秒となっています。
10-起動

2.ファイルからの読み込み
画面切取りという点からは全く不要と思うのですが、ファイルを読み込む機能があります(もちろん画像ファイルのみですからフォトレタッチを使っている方には不要のものです)。
11-起動読込んだ画像の表示サイズを変えることはできませんが、スケーラーで表示場所を変えて切取るなどの操作を行えます。最後に「コピー」ボタンを押さないとクリップされません。
12-起動13-起動13-2-起動14-起動16-起動

3.フリーフォームクリップ(矩形以外の切取り)
Snipping Tool にも「自由形式の領域切り取り」というフリーハンドでの切取り部分指定ができましたが「切り取り領域とスケッチ」にも「フリーフォームクリップ」という機能があります。でも慣れない性かもしれませんがはっきり言って使いづらいです。40-クリップ41-クリップ43-クリップ

4.画像への書き込み
画像内へ手書きでいろんな太さ・色で絵や線を書き込むことができます。直線と円弧(円)は定規と分度器を使って描けます。
24-クリップ
定規はドラッグして移動できますし、マウスのホイールで角度が変わります。大まかに定規に沿って線を引けば完全な直線となります。
25-クリップ27-クリップまた分度器ではマウスのホイールで分度器のサイズを変えることができ、分度器に沿って大まかに線を引けば円弧(円)を描くことができます。28-クリップ
29-クリップ31-クリップ32-クリップ

5.転送機能
クリップした画像はフォルダーへ保存することのほか他者へ送る、転送する、ことができます。転送は Snipping Tool ではできません。33-クリップ

6.「切り取り領域とスケッチ」の変なところ
1)アクションセンターからの起動では遅延クリップができない
アクションセンターから「切り取り領域とスケッチ」が起動できるが、この場合「今すぐ切取り」(遅延なし)となる。
60-クリップ61-クリップ

2)「Windowsキー」と「Shift」と「S」からの起動でも、遅延クリップはできない
同様に「Windowsキー」と「Shift」と「S」で「切り取り領域とスケッチ」が起動できるが、この場合も「今すぐ切取り」(遅延なし)となる。
62-クリップ63-クリップ

くどくなるけど、最近のWindows のアップデートはアプリに関してはスマホ目線の対応が多い気がする。スマホとパソコンは基本的に使い方が異なっていると思う、パソコンについてのあるべき姿、概念、スマホとの違いを考えて欲しい。
Windosw Essentials フォトギャラリーをなくし、Windows フォトに劣化させたのはなぜ? Snipping Tool を「切り取り領域とスケッチ」に変える必要性は何なんだろうか?

60-クリップ

広告
カテゴリー: Windows, Windows10 | タグ: | 5件のコメント

Windows10(V.1809)、クリップボード履歴と表示文字拡大

Windows10の大型アップデート(October 2018 Update(バージョン1809)の新機能、クリップボード履歴と表示文字拡大について書きます。

1.表示文字の拡大
画面全体の拡大に加え、文字だけを拡大することができるようになりました。画面拡大では表示範囲が狭くなりますが、文字拡大では表示範囲は変わらず表示文字だけを拡大することができます。
1-簡単操作

この設定は、「すべての設定」から「簡易操作」を開き、「ディスプレイ」からできます。既定では「文字を大きくする」は100%、「すべてを大きくする」も100%(推奨)となっています。Windows の表示は100%時の表示領域内で行われます。よって画面を拡大すると表示されない領域がでますので100%時が既定となっています。
文字を150%大きくしました。
11-簡単操作12-簡単操作

すべてを大きく(150%に)しました(文字も大きくなります)
13-簡単操作

2.クリップボードの履歴
MS-Office ではクリップ画像は履歴として管理・使用されてきましたが、Windows 全体でクリップボードの履歴が使えるようになりました。
<ワード・エクセルのクリップボード>
30-クリップボード簡単操作

「Windows キー」と「V」をクリックするとクリップボードが表示されます。
35-クリップボード簡単操作

具体的に言えば、「ワードパッド」を開いて、画像を貼り付ける所へカーソルを置いて「windows キー」&「V」でクリップボード表示し、目的のクリップをクリックするとその画像が貼付けられます。
40-クリップボード簡単操作
41-クリップボード簡単操作

しかしすべてのアプリでクリップボード履歴を使うことはできないようです
ワードパッド、MS Office、GIMP、Inkscape では使えましたが、LibreOffice や Open Live Writer ではクリップボード履歴から貼り付けることはできませんでした。
もちろん LibreOffice や Open Live Writer でも「Snipping Tool 」でクリップした画像は貼り付けることができます、ただクリップボードに入ったものからは貼り付けられません。

 

Facebook
1-簡単操作

カテゴリー: Windows, Windows10 | タグ: , | コメントをどうぞ

Googleフォト(Googleドライブ )を使う

Google フォトは、2015年5月 サービスが始まって以来、無料のクラウド・ストレージサービス(高画質・容量無制限)として使っていました。
ところが2018年5月 Google フォトが Google ドライブに統合されて(統合というのかどうか、、、)、突然 Google フォトの写真が Google ドライブの使用容量に加わり、警告使用容量オーバー、増量を・・・」が表示されるようになりました。これは多分、Googleドライブの新しいアプリ「Google のバックアップと同期」を最初に開いたときの設定をデフォルトのまま行ったためと思います(20GB に近いオーバーとなりました)。仕方がないのでGoogle ドライブに入ってしまった Google フォトの写真をフォルダごと削除して、Google ドライブに確保していた17GB 以下にしました(何かのプレミアムで2GB プラスされて17GBになっている)。

この間違いは「Google のバックアップと同期」を正しく設定すれば「Google フォト」「Google ドライブ」を従来通りの使い方で使用できます。なお「新しいアカウントの追加」から「Google のバックアップと同期」を二つのアカウントで同時に使うこともできます。
このブログはGoogleドライブの設定について書きました
下図はGoogle ドライブ使用のイメージ図です。
イメージ図

先ず始めて「Google のバックアップと同期」使うときの設定について、次に二つのアカウントを同時に使う「新しいアカウントの追加」についても書きます。なお Google アカウントは取得済で、「Google のバックアップと同期」は Google ドライブからダウンロード・インストールしているものとします。
アプリダウンロード

1.始めて「Google のバックアップと同期」を使う
1)Google アカウントでログイン
タスクバーの通知領域から「Google のバックアップと同期」をクリックし、ログインを開始する。続いてGoogle アカウントとパスワードを順次入力。
1-notePC
4-notePC5-notePC

2)マイパソコンの設定(間違った設定の変更でも同じ)
先ず写真のアップロードサイズを「高画質」と選びます。続いて写真と動画を Google フォトにアップロードにチェックを入れます。次に「フォルダ」を選択をクリックし Google フォトにアップロードするファルダを選択(ここではブログ用に「ピクチャ」フォルダの「Google Photo」を選びましたが、実際は「ピクチャ」フォルダを選択してます)。なお(ドライブおよび)フォルダの選択は、アカウントの設定時に確り行いましょう。
6-notePC10-notePC

マイパソコンのフォルダに「Google Photo」が追加されました。なお使わないフォルダのチェックは外してください。
次に「変更」をクリックしアップするファイルの形式を設定します。Google フォトをビュアーとして使うのでスクリーンショットとRAWファイルは除きました。
111-notePC

3)Google ドライブの設定
画面は Google ドライブの設定へと移ります。マイドライブをパソコンに同期させるようにチェックを入れ同期するフォルダを指定します。ここでは Google ドライブ内のすべてを同期するようにしました。「Google ドライブ」フォルダは自動的にC ドライブのユーザーに作成されます。「開始」をクリックすると同期とアップロードが始まります。
12-notePC16-notePC

4)同期・アップロード
同期・アップロードは自動的にスタートします。
14-notePC15-notePC

同期によりクラウドの Google ドライブにあるフォルダやファイルがパソコンにダウンロード(同期)されます( Google フォトのアップロード用に指定した「Google Photo」フォルダーは空ですのでアップロードはなし)。
21-notePC20-notePC

2.新しいアカウントの追加
通知領域にある「Google のバックアップと同期」アイコンをクリックし、表示された画面の設定(縦三点)をクリック。そして「新しいアカウントを追加」。
1-newaccount

次の画面は「使ってみる」。
2-newaccount
表示された画面で追加する Gmail アカウントを入力。続いてパスワードを入力し「ログイン」。
3-newaccount4-newaccount

バックアップフォルダの選択を行う。後は既に述べたように「Google のバックアップと同期」の設定を行えば良い。
5-newaccount6-newaccount

設定が終わるとタスクバーの通知領域には二つの「Google のバックアップと同期」アイコンが表示され別々に使用できるようになる。
10-newaccount

Google フォトを開きアカウントを切替えればそれぞれのものが見える。
<Google アカウント1>
15-newaccount
<Google アカウント2>
16-newaccount

Facebook
イメージ図

カテゴリー: Google ドライブ, Googleフォト | タグ: | コメントをどうぞ

縦書き文章中の横文字表示、Libreoffice(Writer) と MS-Office(Word)

何回も書いてきた私の持論「リタイアー後は高価なMS-オフィスは不要、 Libreoffice で十分。お金に余裕があるならば、その分パソコンの高機能化へお金をつぎ込む方が良い」。ワードで書いた文書、エクセルの集計表も Libreoffice で開くことができますし、普通の使い方なら Libreoffice で困ることはないと思います。
、、、と言うわけで、今回は Libreoffice(Writer) と MS-Office(Word)の縦書き文章中の横書き表示(いわゆる「縦中横」)について比較してみました。ワードWriter比較Screen

1.ワードでの「縦中横」
先ず横表示にする文字を選択し、「ホーム」タブの拡張書式をクリックして表示されたメニューから「縦中横」を選択。「縦中横」画面が表示されるので文字列の表示を確認して「OK」
4-ワードWriter比較Screen

2.Writer での「縦中横」
横表示にする文字を選択して右クリック、表示されたメニュで「文字」をクリック。「文字」画面が表示されるので「位置」タブを選び、回転/倍率 項で90度を選択して「OK」
3-ワードWriter比較Screen

 

カテゴリー: ワード, LibreOffice, Office(オフィス), Writer | タグ: , | コメントをどうぞ

Access 新レコード入力時のコントロール設定(常に同じコントロールへ)

アクセス、備忘録(日記帳、こづかい帳)は今も使っているが、作ったのは2007年、どう作ったか中身は殆ど忘れてしまったが、しかし最近不便に思う所があったので改修した。
備忘録(年月日検索で備忘録表示)
30-control
2007年の作成では、支払いの入力で何件かの支出を入力する際(大抵数件はある)、一つの支出が終わり新規の入力へ移った場合、前の支出で最後に入力した項目にカーソルが残る状態で新規画面が開く。これではいちいち支出金額欄をクリックしてから数字(金額)を入力しなければならず不便。今回新規入力の場合、常に支払金額欄にカーソルがある状態で入力画面が開くようにした。
次のレコードへ移ってもカーソルは「仕訳」のまま
1-control2-control

1.新規入力ボタン作成
「支出の記録」フォームへウィザードに沿ってコマンドボタンを作成する。
「レコード操作」から「新しいレコードの追加」と進む
5-control

コマンドボタンの表示は文字で「新規」。コマンドボタンの名称も「新規」とした
6-control7-control

ボタンが作成されたら「プロパティ」を開き、「イベント」タブでマクロにコントロール移動を追加・修正する。
10-control

2.マクロにコンロトール移動(「支出」移動)機能を追加
マクロ画面が開いたら「新しいアクション」に「コントロールの移動」を追加する。
11-control12-control

移動先のコントロールは「支出」
13-control14-control

追加したアクション「コントロールの移動」を一番上、「レコードの移動」アクションの前(上)まで移動する。
15-control16-control17-control

3.動作確認
最初の支出を入力し「新規」をクリックすると新しい入力画面となりコントロールは支払金額「支出」へ移っている。
20-control21-control

Facebook
20-control

カテゴリー: アクセス, Office(オフィス) | タグ: , | コメントをどうぞ

ノート PC のアクティビティをデスクトップ PC で見る

タスクビュー、タイムライン、アクティビティなどカタカナ英語がいっぱい出てきますが何も難しいことはありません。
タスクバーの「コルタナ」次にある「タスクビュー」をクリックすると、
「タスクビュー」「タイムライン」「アクティビティ」が表示されます。
「今、どんなアプリを開いているのかを一挙に知るのが
「タスクビュー」
です。そしてタスクビューの下にいろんな小さなウィンドウ(画面)が並んでいますが、これは過去に起動したアプリや Web サイトで、これを「アクティビティ」といいます。アクティビティは時系列・降順に並んでいます。この時系列に並んだアクティビティ履歴全体を「タイムライン」といいます。
10-タイムライン

タイムラインは過去に行った操作を知るだけでなく、表示されているだけではなく、各アクティビティをクリックするとその Web サイトやドキュメント(アプリ)が直ちに開き、とても重宝なものです。ただすべてのアプリがタイムラインに表示されるわけではありません、例えばGIMP は表示されませんし、ブラウザでは Edge  以外は表示されないようです。
タイムラインについては既に書きましたが、ここでは複数のパソコン(例えばデスクトップパソコンと外に持出すノートパソコン)でのタイムラインの共有について書きました。

1.デスクトップとノートパソコンが同じMS アカウントでログインしている場合
すべての設定から「プライバシー」→「アクティビティの履歴」と進み、「Windows でこの PC からのアクティビティを収集する」と「Windows でこの PC からクラウドへのアクティビティを同期する」にチェックが付けてください。
なお関係ないような文言ですが「個人設定」→「スタート」で「スタートまたはタスクバーのジャンプリストに解禁開いた項目を表示する」を「オン」にしている必要があります。
12-タイムライン

このパソコン以外での操作記録には操作したパソコン名が表示されます。8-タイムライン

2.ノートPC が別の MS アカウントでログインしている場合
この場合は、1.で行った設定に加え、「outlook」か「メール」のメールアカウントへノート PC のログインアカウントを登録しておく必要があります。
5-タイムライン

そして、すべての設定から「プライバシー」→「アクティビティの履歴」と進み、「アカウントからのアクティビティを表示する」にある各アカウントを「オン」にします。
2-タイムライン

タイムライン上ではアカウントの別は表示されませんが、他のパソコンでのアクティビティにはパソコン名が表示されます。
1-タイムライン

3.そのた
タイムラインに表示されたアクティビティはクリックすれば Web サイトやドキュメントが開きます。当たり前ですが、ドキュメントではそのドキュメントがそれぞれのパソコンに保存されてない場合は開けません。 ドキュメントを OneDrive 、DropBox などクラウドに保存し同期させておけば有効に使えるのではないでしょうか。

カテゴリー: Windows, Windows10 | タグ: , | コメントをどうぞ

GIMP、星の王子様の世界の星(Little Planet)を作る

パノラマ写真から Little Planet、おとぎ話出てくるような小さな星を作ってみましょう。パノラマ写真を開き、GIMP メニューの「Filter」→「Map」→「Little Planet」と進むだけで小さなかわいい星が作れます。
加工-IMG_0991 - IMG_1003_blended_fusedブロックTEST4-LittlePlanet58-Little設定

1.パノラマ写真を作る
パノラマ写真は、互いにオーバーラップさせながらぐるっと360度以上撮影した複数枚の写真から作れます。いろんなアプリでパノラマに作れますが、既にブログに書きました「Hugin」というオープンソースのプログラムが優れものです。31-Little設定
下図の例では12枚の写真からパノラマを作っています。
20-Little設定Hugin での操作も簡単です。この程度なら、Simple インターフェイス(アプリ任せ)でできます。「①画像を登録」で12枚の画像を選んで、「②配置」、配置は自動的に適正に配置されますので次に「③パノラマを作成」とクリックすれば自動的にパノラマ写真が作成されます。30-Little設定

2.「おとぎの国の星」(Little Planet )を作る
GIMP にパノラマ写真を読み込み、メニューの「Filter 」から「Map」→「Little Planet」をクリック
21-Little設定

Little Planet 画面で「Pan」「Tilt」「Spin」「Zoom」を調整して見易い星に、「OK」をクリックすれば「おとぎの国の星」ができ上ります。22-Little設定

適当にトリミングして完成
2-完Little設定

3.パノラマ写真がない場合の「おとぎの国の星」(Little Planet )の作り方
疑似的なパノラマ写真を作れば Little Planet  となります。ここでは下図のような漫画絵を使って説明します。
Notpanoramaxcf

この絵をこのまま「おとぎの国の星」にすると、パノラマ画像ではないので左右の画像の端が違い「おとぎの国の星」に不連続が生じます(火山が半分のまま残ります)。
50-Little設定

1)画像を疑似パノラマ化
先ず作業画像を適当な所で切り、左右二つのレイヤーに分けます。それぞれレイヤー名を「パノラマ右」と「パノラマ左」としました(ここでは分かりやすくするため鉄塔の中心で分けています)。52-Little設定

レイヤーとして作成した画像の切断面を画像両端に移動すれば、疑似的なパノラマ画像となります。
53-Little設定
そして「可視部をレイヤー」として、レイヤー名を「疑似パノラマ」としました。
54-Little設定

2)不連続部分を隠す
これで画像はパノラマ化されましたが、半分の火山が残ります。これは仕方がないので、これは写真(画像)外から適当な画像を持ってきて隠すことにします(写真内に適当な部分があればその部分をコピーして使うこともできる)。
55-Little設定

後は「可視部をレイヤー」として1枚のレイヤーとして「Little Planet」を行えばOK。
56-Little設定

完成
57-Little設定

 

Facebook加工-IMG_0991 - IMG_1003_blended_fused

カテゴリー: GIMP, Hugin | タグ: , | コメントをどうぞ

GIMP、レイヤーマスクで画像補正

GIMP の各レイヤーにはレイヤーマスクが追加できます。レイヤーマスクは編集(加工)できますので、レイヤーモードと組合わせて画像内の特定部分を明るくしたり/暗くしたりして画像を補正することができます。
ここではレイヤーマスクをレイヤーのグレイスケール(明暗・白黒画像)で模様付けして画像補正を行ってみます。補正例を下図に示します。修正完了元絵比較-2000DSCF8419修正完了比較2-DSCF1675

1.花の黄色を鮮やかに、葉っぱの緑も鮮やかに
(操作は一例、レイヤーマスクを使っても操作のバリエーションいっぱいあります)
読み込んだ画像のレイヤーを複製します。
2-kanntann

複製したレイヤーにレイヤーマスクを追加します。レイヤーマスクの初期化は「レイヤーのグレイスケールのコピー」とします。
3-kanntann

レイヤーマスクを追加したレイヤーのモードを「Screen」とします。
4-kanntann

少し葉っぱの緑が鮮やかになりましたが、まだまだ、、、
5-kanntann

このレイヤーをそのまま複製します。
6-kanntann

完成、まあこの程度かな、、、
7-kanntann 修正完了3-DSCF1675

2.虹と生垣の葉を見やすく
1)読込んだ画像レイヤーを複製、レイヤーマスクで修正

複製したレイヤー名を「スクリーン-1」とします
1-Screenlayer

複製したレイヤーに「グレースケールを反転させた」画像のレイヤーマスクを追加
3-Screenlayer

レイヤーマスクを追加したレイヤーのモードを「Screen」とする
4-Screenlayer

2)可視部分をレイヤーとして作成、レイヤーマスクで修正
メニューの「レイヤー」から「可視部分をレイヤーに」で新しいレイヤーを作りレイヤー名を「修正-1」とする。
6-Screenlayer

レイヤー「修正1」を複製して、「Screen-2」とする
7-Screenlayer

「Screen-2」レイヤーにレイヤーマスクを追加し、「…グレースケールのコピー」て「マスク反転」とする
10-Screenlayer

少し改善された
11-Screenlayer

3)可視部分をレイヤーに、「グレースケール」で加工されたレイヤーマスク
可視部分をレイヤーに、レイヤー名は「修正-2(画面では「可視部のコピー」)」。「修正-2」を複写し、レイヤーマスクを追加。「レイヤーのグレースケールのコピー」で修飾されたレイヤーマスクを追加する。このレイヤー名は「Overlay-1(画面では「Screen-3」)」
13-Screenlayer

「Overlay-1(画面では「Screen-3」)」のレイヤーモードは「Overlay」とする。空が見やすくなった。14-Screenlayer

4)可視部分をレイヤーに、「グレースケール、反転」のレイヤーマスク追加
可視部分をレイヤーに、レイヤー名は「修正-3」。「修正-3」を複写しレイヤー名は「「Screen-3」とし、レイヤーマスクを追加。マスクは「グレースケール」で「反転」とする。レイヤーモードは「Screen」です。
16-Screenlayer

5)レイヤーマスクの編集
レイヤーマスクはメニューの「色」や「Filter」で編集(加工)できます。ここでは「色」メニューの「明るさ、コントラスト」で加工します。
「Screen-3」レイヤーのレイヤーマスクを選択し、メニューの「色」→「Brightness-Contrast」として輝度とコントラストを調整します。
レイヤーマスクの効果をわかりやすくするため、基本レイヤーの「修正-3」を非表示にしてメニュー「色」から「明るさ-コントラスト」画面を開き、空(虹)部分に影響が及ばなくなるように(透明に)「Brightness」と「Contrast」を調整します。
18-Screenlayer

完成です。植込みの木の緑も再現され虹も鮮やかに表示されています。
19-Screenlayer

修正完了-2000DSCF8419

画像の修正はいろんな方法でできます。多くの方法・バリエーションがありますがレイヤーマスクを使う方法もその一つと思います。

Facebook

 

修正完了元絵比較-2000DSCF8419

カテゴリー: GIMP | タグ: | コメントをどうぞ

ブログライター、OpenLiveWriter の日本語化

とても便利なアプリだった「Windows Live Essentials」が廃止され、未だにそれに代わるものがなく残念に思ってます。中でもブログライター「 Writer 」はワープロ感覚でブログを作成し投稿できる優れものでした。
流石にブログライター「 Writer 」だけは他に代わるものがないので、オープンソース化され「 Open Live Writer 」として蘇っています。しかし残念なことに日本語化されていません。このブログは鹿児島県田代町(これから錦江町)の方が作った翻訳ファイルを使っての「 Open Live Writer 」の日本語化について書きます。
29-日本語化

もちろん、 Microsoft Store アプリの「Open Live Writer 」では日本語化はできませんので、Microsoft Store アプリの「Open Live Writer 」を使っている方は、デスクトップのアプリに変更して行う必要があります。両「Open Live Writer 」ともバージョンは現時点では 0.6.2で同じです。

1.「Open Live Writer 」をデスクトップアプリ変更する
(デスクトップアプリを使用している人は必要なし)
1)デスクトップアプリでないことを確認する
コントロールパネルから「プログラム」を開き「プログラムと機能」の「アンインストールまたは変更」に「Open Live Writer 」があればデスクトップアプリです。
アンインストールへ表示

また「AppData」→「Local」フォルダに「Open Live Writer 」があればデスクトップアプリがインストールされています。
デスクトップアプリではフォルダあり

2)Microsoft Store アプリの「Open Live Writer 」をアンインストールする
スタートメニューから簡単にアンインストールできます。
アンインストール

3)デスクトップアプリの「Open Live Writer 」をインストールする
・ダウンロード
「Open Live Writer 」の最新版は「Open Live Writer 」サイトにあります。ブラウザに「 openlivewriter.org」と入力して「Open Live Writer 」のサイトを開きます。1-インストール2-インストール

サイトの一番上にダウンロードボタンがありますのでクリックしてダウンロード。ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。3-インストール4-インストール

ウィザードが始まりますので流れにそって、ブログのデータ(ブログアドレスやユーザー名など)を入力してゆきます。以下の例は「 wordpress ブログ」です。
5-インストール6-インストール

7-インストール8-インストール

ブログサイトへ接続できました。これで何時でもこのブログへは Open Live Writer から投稿できます。バージョン 0.6.2.0 がインストール・設定できました。
9-インストール10-インストール

2.日本語化する
日本語化するためのファイルは鹿児島県田代町(これから錦江町)の方が作った翻訳ファイルをダウンロードして行います。ありがとうございます。

1)ダウンロード

鹿児島県田代町(これから錦江町)の方のサイトを開き、「OpenLiveWriterLocalization.zip」ファイルをダウンロードしてください。
20-日本語化

Zip ファイルを開くと以下のようなファイルが入ってます。
23-日本語化

2)日本語化のため、元ファイルを保護する
ユーザーの「AppData」フォルダーから辿って「 app-0.6.2 」フォルダにある「OpenLiveWriter .Localization.dll」ファイルの拡張子を「.org」とする。これで万が一のときは元に戻せると思います。
場所は、C:Users¥(inoue)¥AppData¥Local¥OpenLiveWriter¥app-0.6.2
25-日本語化

3)日本語化ファイルを「 app-0.6.2 」フォルダーへコピーする
(念のため、 Open Live Writer は停止しておいてください)
ダウンロードし解凍した「OpenLiveWriter .Localization.dll」を上記の「 app-0.6.2 」フォルダーへコピーします。
26-日本語化

これで完了です。Open Live Writer を起動すると日本語化されています。
28-日本語化

 

Facebook
29-日本語化

カテゴリー: Open Live Writer | タグ: | 2件のコメント

MS-Office 2013、アップデート

MS-Office 2013のメインサポートは今年4月に終了し、延長サポート期間(2023年4月11日まで)に入ってます。
生きているうちに(ボケてない間に)サポートが終わったら新たに購入するのも考えものと思い、日頃はできるだけ LibreOffice  の Calc  や Writer を使い、MS-Office なしでも困らないようにしています。それで MS-Office の更新を完全に失念していました。

このブログでは MS-Office 2013のアップデートについて書きました。ここではワードから更新を行いますが、ワードやエクセルなど、どれか一つのアプリから更新を行うとすべての MS-Office アプリがアップデートされます。

メニューの「ファイル」から「アカウント」へ進み、製品情報から更新を行えます。1-Word更新

更新オプションの下向き三角「▼」をクリック、「今すぐ更新」2-Word更新

更新プログラムの確認が始まり、更新プログラムがあればダウンロードが続きます。
8-Word更新

ダウンロードが終了すると 更新をインストールするため、MS-Office のプログラムを閉じる必要があります。
5-Word更新

プログラムが更新され、更新が完了すると完了した旨表示されます。
6-Word更新15-Word更新

Word で更新したのですが、 Excel も更新されています。
10-Word更新

Facebook

2-Word更新

カテゴリー: Office(オフィス) | タグ: | 2件のコメント