Windows10、アカウント名の変更

Windows10のアカウント名など何であろうとそれほど問題はないと思います。特にローカルアカウントの場合はパソコン起動時に思わぬ、Owner など、名前が表示される程度です。(マイクロソフトアカウントの場合は、これがこのアカウントのメールの差出人名になりますので、差出人をよりわかり易い名前に変更すると云う意味もあります)。起動時表示DSCF6939

Windows 10パソコンの起動は、マイクロソフトアカウントの他ローカルアカウントでも起動できます。
若し自分のパソコンがどちらのアカウントでログインしているか不明ならば、アクションセンターから「すべての設定」→「アカウント」の「ユーザー情報」から知ることができます。下図の左がマイクロソフトアカウントでのログイン、右がローカルアカウント状態です。
マイクロソフトアカウントローカルアカウント

ではアカウント名の変更を実施してみましょう

1.ローカルアカウントの名前変更
コントロールパネルを開き、「ユーザーアカウント」の「アカウントの種類変更」をクリック。
1-アカウント名の変更

開いた「ユーザーアカウント」画面で「アカウント名の変更」をクリック
2-アカウント名の変更

若しパソコンの使用者が複数であれば変更するユーザーを選んでください。6-アカウント名の変更

「名前の変更」画面が開きますので、「新しいアカウント名」の欄に新しいアカウント名を記入して「名前の変更」をクリック。ローカルアカウントの名前が変更されます。
3-アカウント名の変更

4-アカウント名の変更

2.マイクロソフトアカウントの名前変更
マイクロソフトアカウントの場合、パソコン内での変更ではありません。マイクロソフトアカウントそのものの変更となります(メールの差出人の名前も変更されます)。
先ずアクションセンターから「すべての設定」→「アカウント」の「ユーザーの情報」を開きます。
20-アカウント名

開いた「ユーザーの情報」画面で「マイクロソフトアカウントの管理」をクリック
21-アカウント名

アカウント管理画面が開きますので「名前の変更」をクリック
22-アカウント名

名前の変更画面が開きますので、名前を変更して「保存」
29-アカウント名

アカウントの名前が変わりましたが、パソコン起動時の表示やマイクロソフトアカウントのメールの差出人名に反映されるには少し時間がかかります。夜、変更した場合は多分朝のパソコン起動時には変更されているでしょう。
30-アカウント名

 

Facebook
23-アカウント名

広告
カテゴリー: Windows, Windows10 | タグ: , , | コメントをどうぞ

Windows 10、メールの差出人の設定など

ふだん何気なく使っているメールですが、今日はメール差出人の表示について考えてみました。差出人
メールを送受信するアプリ、メーラーは色々ありますが、ここでは次の二つについて書きました。
MS-オフィス2013
②  Windows10の標準メーラー「メール」
またメールアカウントは次の2種類で行ってみました。
プロバーダーメールアカウント(プロバイダーは OCN )
Webメールアカウント(MSアカウント)

差出人の表示は、MS アカウントの場合はアカウント登録で決まりますので、メーラー側での変更はできません。プロバイダーメールの場合はメーラーで任意に設定できますので、メーラー毎に、パソコン毎に差出人の表示を変えることができます。
話は別ですが、MS アカウントメールからの送信済メールは、どのパソコン、どのメーラから送信したメールでもすべて表示されます。ノートPCとデスクトップPCを使っていても、「どのパソコンから送ったんだったけ?」と悩むことはありません。複数のパソコンを使っている場合はメインのメールアカウントには MS アカウントを使うのが便利な気がします。
3-MSアカウント4-MSアカウント

1.プロバイダーのメールアカウント(OCN)の「差出人」設定
1)Windows 10付属の「メール」
「メール」を起動して、差出人名を設定するアカウントを右クリック(ここではプロバイダーメールアカウント)、表示されたメニューで「アカウント設定」をクリック。「アカウント設定」画面が開くので「コンテンツを同期するためのオプションです」をクリック。画面が同期設定に変わるので、「この名前を使用してメッセージを送信」に使用したい差出人名を記入して、「完了」をクリック。前の画面に戻るので「保存」をクリックする。
30-MSアカウント

2)Outlook 2013
Outlook 2013を起動してメニューの「ファイル」から「アカウントの設定」をクリック。下図の「アカウント設定」画面が開くので、「電子メール」タブを選び、差出人を変更するアカウントを選び、「変更」をクリック。「アカウントの変更」画面が開くので、ユーザー情報の「名前(Y)欄に差出人名を書き込む、「次へ」をクリックするとアカウントテストが始まるがすぐに終わるので「完了」をクリックする。
20-MSアカウント

パソコンで、またメーラーでそれぞれ差出人を変えてみました。
10-MSアカウント

2.MSアカウントでの差出人名の設定(MSアカウントの変更)
先に述べたように各パソコン、各メーラーでの設定はできません。Web メールへアクセス・ログインしてアカウントの変更で設定します。画面右上隅のログイン表示をクリックし、表示された「マイアカウント」で「アカウントの表示」をクリック。
40-MSアカウント

アカウント画面が開いたら「名前の編集」をクリックして、「あなたの情報」画面で表示されている「姓」「名」を修整して「保存」。これですべてのパソコン、メーラーでの差出人が設定されます。
1-MSアカウント0-MSアカウント

2-MSアカウント

カテゴリー: メール, メール(Outlook), Windows, Windows10 | タグ: | コメントをどうぞ

Google 画像検索の絞り込み機能

Google の画像検索で絞り込み(?)検索ができるようになっています。完全な絞り込みとは言えないかも知れませんが使い易くなっていると思います。
試してみた感じでは、絞り込みの段数は検索語により変わります。例えば固有名詞などで絞り込むと絞り込みの段数は減ります。また何段かの絞り込みを行った後、断定的な検索語(例えば固有名詞など)で検索するとそれまで表示されていた以外の画像も検索表示されるようですが、多くの場合は実用上はまったく問題なく、むしろ良いのかなあと感じました。

Google 画像検索を試してみましょう
Google 検索から画像検索へ進み、「花」で検索します。
9-画像検索3-画像検索

「花」の検索結果が表示されました。画面上部に絞り込み用のメニューが表示されています。
41-画像検索

検索メニューの画面右端にある右向き矢印でメニューをスライドして「ハート」で絞り込んでみました。5-画像検索

結果は下図のように「花」で「ハートマーク」の画像が選ばれました。
6-画像検索

更に「母の日」で検索すると下図のようになり、検索メニューがなくなりました(3段の絞り込み)。
71-画像検索8-画像検索

次に「鳥」から「かわせみ」で検索すると、2段まででした。
10-画像検索

「空」「夏」「海」で検索してみたら、、、、、未だ絞り込めるようです。
20-画像検索

更に「湘南」で絞り込むと、”空、夏、海”で絞り込んだ以外の写真が表示されました(”空、夏、海”で絞り込んだ写真をすべて見てみたんですが、そこにない画像が表示されてきました)。
22-画像検索

 

Facebook
6-画像検索

カテゴリー: Google 画像検索, 写真 | タグ: | 2件のコメント

パソコンディスプレイの調整

写真は写した後、多くの場合、自分のイメージに合わせて加工するのが普通と思います。
プロが使うような高価なフォトレタッチ アプリからスマホなどに組み込まれている簡易なものまで多種多様です。今やフォトレタッチは誰も行ってます。
専用ディスプレイしかしフォトレタッチをするには自分が見ているディスプレイが頼りです。ディスプレイが正しく調整されてなければ、間違った明るさや色に合わせてしまうことになります。

プロの写真家ならば高価な調整装置の付いたディスプレイを使うと思いますが、普通の人には買えるものではないと思います。

 

 

 

 

 

個人レベルで持っているディスプレイの調整は Windows に標準装備されている「ディスプレイの色の調整」で行うことができます。勿論そのディスプレイで可能なパラメーターの範囲内です。
ここではディスクトップパソコンを例に、Windows の「ディスプレイの色の調整」を使ってみます。

1.「ディスプレイの色の調整」を開く
コルタナを起動し、「ディスプレイの色の調整」と入力して、コントールパネルの「ディスプレイの色の調整」を開く。
最初の画面には、① 画面の色調整では、色をより正確に表示するようディスプレイを調整できます。
②開始するには、調整するディスプレイにこのウィンドウを移動し、[次へ]をクリックします、とあります。
変な日本語ですがとにかく「次へ」をクリック。
1-モニター調整 2-モニター調整

2.調整の実施
1)出荷時の既定値へリセット
次の画面には、以下のように書かれている。
①ディスプレイの基本的な色設定を行うには、まず、ディスプレイのメ二ューボタンを押します。メ二ューボタンは、通常はモ二ター の前面にあり、ボタンを押すとオンスクリーンのディスプレイ設定メ二ューが開きます。
②オンスクリーンのディスプレイ設定メ二ューを開くボタンがわからない場合は、ディスプレイのマ二ュアルを参照してください。
③指定できる色の設定は、ディスプレイとその機能によって呈なります。可能であれば、ディスプレイを次のように設定してください。
・ディスプレイの色の設定を、出荷時の規定値に設定します。
・必要に応じて、オンスクリーンのディスプルイ設定メ二ューが[次へ』ボタンの上に重なって表示されないように、モ二ターのボタンを使ってメ二ューの位置を調整してください。
④これらの設定を指定できない場合は、[次^]をクリックして続行します。
とあるので、ディスプレイ本体から出荷時の既定値へリセットする。
3-モニター調整60-モニター調整

2)ガンマーの調整
この画面には以下のように書かれている。
①ガンマは、ディスプレイに送られる赤、緑、青の力ラー値と、それに基づいて最終的に出力される光の量の間の数学的な関係を定義します。
②次のパージでガンマを調整するときは、“ちょうどよいガンマ”というラベルの付いた以下のサンプルイメージを目安にしてください。
調整は、画面のスライダーで行います。
4-モニター調整5-モニター調整

3)明るさの調整
①明るさは、暗い色や影がディスプレィ 上でどのように表示されるかを左右します。
②次のぺージで明るさを調整するときは ”ちょうどよい明るさ”というラヘルの付いた以下のサンプル イ メージを目安にしてください。
調整は、ディスプレイ本体の「明るさ調整」で直接行います。
6-モニター調整7-モニター調整

4)コントラストの調整
①コントラストは、ハイライトのレパルと明睦さを左右します。
②次のページでコントラストを調整するときは、“ちょうどよいコントラスト”というラベルの付いた以下のサンプルイメージを目安 にしてください。
調整は、ディスプレイ本体の「コントラスト調整」で直接行います。
10-モニター調整11-モニター調整

5)カラーバランスの調整
①力ラーバランスは、グルースケールがディスプレイにどのよ うに表示されるかを左右します。
②次のパージでは、赤、緑、青のスライダーを動かして、 灰色のパーから力ラーキャスト(色かぶり)を除去しま す。
14-モニター調整15-モニター調整

6)調整の確認(調整前と調整後を比較して良ければ完了)
①この調整を前の調整と比較するには、[前の調整]と[現在の調整]をクリックします。
②新しい調整を使用する場合は、[完了]をクリックすると、この調整が保存および使用されます。
③前の調整を使用するには、[キャンセル]をクリックします。
④[キャツセル]をクリックしても、ディスプルイのボタン、またはオンスクリーンのディスプルイ設定メニューを使用して変更された設 定はそのままです。これらの設定を自動的に復元することはできません。
⑤テキストが正しく表示されるよう、[完了]をクリックしたときにClearTypeチューナーを開始する(推奨)

前と現在を比較して、良ければ「完了」をクリックして終わります。なお、テキストがより見やすく表示されるように「Clear Type チューナー」を行うことが良いとされています(このブログでは省略)。
20-モニター調整

その他
パソコンにインストールされているディスプレイアダプターの停止
Windows のディスプレイ調整を行うには、パソコンにインストールされているディスプレイ アダプターによるディスプレイ調整を停止させておく方が良いと思います。
コントロールパネルからディスプレイアダプターのコントロールパネル(ここでは NVIDIA )を開き、「他のアプリケーションによってカラー設定をコントロールする」にチェックが付いているか確認しました。
50-モニター調整51-モニター調整

53-モニター調整

Facebook
5-モニター調整

 

 

 

カテゴリー: ディスプレイ, Windows, Windows10 | タグ: , , | コメントをどうぞ

Libre Office(リブレ オフィス) 、ギャラリーへ新たな画像を追加する

Libre Office には「ギャラリー」という画像を挿入できるライブラリーがあります。昔、MS-オフィスにあった「クリップアート」に相当するものです。
ギャラリーは Libre Office の「Writer(文書作成)」「Calc(集計表)」「Draw(図形描写)」Impress(プレゼンテーション)」「Base (データーベース)」などすべてのアプリで使用できます。何回も書いたけど、リタイアーした後の事務作業では高価なソフト(MS-Office など)でなければ困ることはなく、オープンソースの Libre Office で十分と思います(MS-オフィスで作ったドキュメント類も殆どすべて Libre Office で開けます)。MS-オフィス経費は高性能パソコンの購入に振り向けた方が得と思います。
ギャラリー

このブログでは、ギャラリーへ独自の画像を追加することについて書きました。
—–  新しいテーマを作成し、その中に画像を追加してみました —–

1.ギャラリーを開く
先ず Libre Office を開きます( Writer など何でもOK)。そして画面右側縦に並んだメニューからギャラリーをクリックしてギャラリー画面を表示。
1-ギャラリー画像の追加 2-ギャラリー画像の追加

2.新しいテーマを作る
開いたギャラリー画面で上部にある「新しいテーマ」をクリック。
「新しいテーマ」画面が開きますので「全般」タブからテーマ名(ここでは「哲朗-Ⅱ」)を入力して「OK」。なお「ファイル」タブでは、登録する画像の種類を特定することができます。「すべてのファイル」でも問題ありませんが、透明部分も保持できる「PNG」などに特定するのも一つの方法です。
3-ギャラリー画像の追加5-ギャラリー画像の追加
新しいテーマができました。
6-ギャラリー画像の追加

3.画像の登録
簡単です。
登録したい画像をギャラリーへドロップ&ダウンするだけです(予め登録する画像は準備しておいてください)。
7-ギャラリー画像の追加

4.ギャラリー画像の使用
ギャラリーを開いて、使用する画像をドキュメント画面へドラッグします。
8-ギャラリー画像の追加

カテゴリー: LibreOffice | タグ: | コメントをどうぞ

Google Drive アプリ、パソコン個別同期フォルダー設定

Google Drive は One Drive や Drop Box などと同じようにクラウドのフォルダーとして多くの方が利用されていると思います。アプリをダウンロード・インストールすれば、One Drive クラウドなどと同じように使えます。
Google Drive アプリで One Drive などと異なっているのは、パソコンごとの専用の共有フォルダーが設定できることです。このため、デスクトップとノートパソコンというように複数のパソコンを使っていれば、そのパソコンごとの共有フォルダーを活用することができます(下図参照)。
このブログでは Google Drive への個別同期、マイパソコンフォルダ―設定について書きました
GoogleDrive

GoogleDrive-クラウド

ノートパソコンへ Google Drive 同期のフォルダー「ノートPC-Google 」を設定する
1.現在の状態
デスクトップパソコンでは既に専用の共有フォルダーを設定しています。この状態からノートパソコンへ専用の同期フォルダーを設定します。

2-googledrive

2.ノートパソコンへ同期フォルダーを設定する
タスクバーの通知領域にある「Google Drive 」アイコンをクリック、開いた画面から「設定」へと進む。3-googledrive

設定画面が開くので、Google Drive と同期させるフォルダーを設定する。既にドキュメント他合計3つのフォルダーが表示されているので、ここにチェックを入れればそのフォルダーが同期される(パソコンは「デスクトップフォルダー」)。しかし Google Drive には容量制限があるので、特殊なケースを除きこれらのフォルダーを同期するのは一般的でないと思う。
別の専用フォルダーを同期させるには「フォルダーを選択」をクリック。
4-googledrive

エクスプローラ画面が開くので、同期フォルダーを選んで「フォルダーの選択」(ここでは「ノートPC-Google」とした)
7-googledrive

設定画面に戻るので、選択したフォルダーが表示されチェックが付いておれば「OK」をクリック10-googledrive

Google Drive を開くと「パソコン」フォルダーに「マイノートパソコン」フォルダーが追加され、そこにノートパソコンの「ノートPC-Google」フォルダーが表示されている。
ノートパソコンで「ノートPC-Google」フォルダーに加えた操作(ファイル・フォルダーの追加、修整、削除など)はすべてクラウド Google Drive へ反映される。
11-googledrive

カテゴリー: Google ドライブ | タグ: | コメントをどうぞ

Web Scratch 作品をオフライン Scratch へ読み込む

Scratch はアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された小学生でも簡単にプログラミングができるソフトです。Scratch のバージョンはオンライン版が2.0になって、その後オフライン版も(当初は1.4)2.0が使えるようになってとても使い易くなっています。
以前書いたブログで、オンラインで作成した作品も簡単にダウンロードでき、オフラインで使えると書きながら、ダウンロードする操作を書いてなかったようですので、改めてダウンロードのみをブログにしてみました。

Web Scratch の作品をダウンロード

1.Web Scratch の作品を開く
画面右上のメニュー「私の作品」を開き、オフライン Scratch へダウンロードする作品を選び、「中を見る」をクリックして、プログラムを表示する
1-Scratch Downloadプログラムが開いた
2-Scratch Download

2.作品をダウンロード
メニューの「ファイル」から「手元のコンピューターにダウンロード」をクリック
3-Scratch Download

エクスプローラ画面が開くので保存フォルダーを指定して「保存」
4-Scratch Download

3.オフライン Scratch で開く
アプリでファイルを開く方法はいろいろあるけど、ここではファイルを右クリックして開きました。
5-Scratch Downloadオフラインアプリで開いた
6-Scratch Download

大分市の日の出/日の入りの方角と日中時間(日の出から日の入りまでの時間)を極座標で表示するプログラムがオフライン Scratch でも動作しました。1月から12月まで、月2日ほど表示し、冬至・夏至・春分の軌跡を描いて終了します(下図をクリックすると動画がスタートします)。7-Scratch Download

カテゴリー: Scratch | タグ: , | コメントをどうぞ

One Drive でパソコンメモリーの節約?

Windows の One Drive を利用することでパソコンメモリーの節約ができます、、、(少し違う気もしますが)。
これはクラウドOneNote へ保存されているファイル/フォルダーをインターネット接続の環境でのみ使用できるように設定することで、パソコン上のメモリーを節約するものです(一旦パソコンでファイルを開くとパソコンへダウンロードされ、そのまま残るのでパソコンの容量を使ってしまいます、ファイルを開かないというのが条件のようです?)。
勿論、OneDrive へアップロードしたファイルをオフライン状態でも操作できる(ファイルをパソコンへダウンロードする)設定もできます。
あたり前の事ですが、One Drive を使う場合はパソコンの OneDriveフォルダ/ファイルに加えた操作(修整、削除、追加)はすべてクラウドの One Drive へ反映されます。注意!

OneDrive同期全部

One Drive を使ってみる

わかり易くするため、スタート時点では両者は非同期の状態として始めます。
パソコンの OneDrive フォルダーとクラウドの OneDrive にはそれぞれ異なった「ドキュメント」フォルダーと「画像」フォルダーを作りました。そして同期してない状態としました。
同期前

この状態のパソコンと OneDrive のフォルダーは下図のようになっています。左側がパソコンの OneDriveフォルダー、右側がアプリの OneDrive です。
1.全フォルダーは非同期
パソコン側のフォルダー/ファイルと OneDrive のフォルダー/ファイルは別物、同期していません。
1-同期

2.部分的に同期させる(ドキュメントを除いて同期)
通知領域にある OneDrive アイコンを右クリックして、「設定」から「Microsoft OneDrive」画面を開き、「アカウント」タブ画面にある「フォルダーの選択」をクリックすると「フォルダーの選択」画面が開きます。同期させるフォルダー/ファイルにチェックを入れます。
同期設定

ドキュメントを除いて同期させました。OneDrive アプリには同期させてないパソコン側のフォルダーが表示されますが、中身は空っぽです。
2-同期

パソコン側の「画像」フォルダーはアプリOneDrive と同期してます。
3-同期「ドキュメント」フォルダーは同期してないので、アプリ OneDrive では空です。
4-同期

写真をパソコン側にできたクラウド側の「画像」フォルダーに追加すると、アプリOneDrive の「画像」フォルダーへ表示されます。
10-同期11-同期

3.パソコン側のメモリー節約(インターネット非接続時は使えない形で保存)
アプリ OneDrive で、ファイルやフォルダーをアップロード保存するとパソコン側メモリーが節約できます。
「オフライン使用」の措置を行わなければ、アップロードしたものはパソコン側ではショートカットみたいな形でパソコン OneDrive フォルダーに表示されます。よってインターネット接続時では普通に使えますが、オフライン時は開くことができません。アップロード後はクラウドの OneDrive に残りますので、パソコン側の元ファイル・フォルダーは消しても支障はありません。つまりパソコン側のメモリーが節約されています(パソコンフォルダーの OneDrive に保存したものは削除するとクラウドの OneDrive でも消えてしまいます、注意を)。
インターネット非接続時に使えないファイルやフォルダーはエクスプローラー画面で知ることができます。
ファイルに「雲」マークのあるものはクラウド OneDrive へ、つまり OneDrive アプリでアップロードしたものです。これらのファイル/フォルダーはインターネット接続状態でないと使えません。
インターネット非接続時でも使えるものには、緑の〇の中にチェックが付いた表示です。これは画像(写真)だけでなくすべてのファイルで共通です(以下、ドキュメントを含めたすべてのファイルを同期させています)
20-同期何故かパソコン側のフォルダー(ドキュメント、画像)に赤い×が付いていますが、わかりません。
22-同期

オフライン時(インターネット非接続)に雲マークの付いた写真を開こうとしても、下図のようにメッセージが表示され、開けません。
27-同期

4.オンライン使用ファイルを非接続時(オフライン)でも使えるようにする
操作は簡単です。
アプリOneDrive でオフライン使用とするファイルを表示させ、右クリックして表示されたメニューで「オフラインを維持」をクリックします。ファイルのサイズにより動作(パソコンへファイルダウンロード)が完了するまでの時間差があるようです。オフライン使用となったファイルは「パラシュート」のフォルダーに表示されます。
28-同期29-同期30-同期

しかし不思議なことにオフライン使用に設定したファイルは二個なのに、パソコンのOnedrive フォルダーでみるとフォルダー外のファイルが全部オンライン使用となっている?。そしてオフライン時でも使える(パソコン側の実ファイルとなりメモリーを消費している)。
31-同期

オフライン時ファイルを修整(加工)してもクラウドの Onedrive には反映されないが、インターネット回線へ接続すればクラウドの Onedrive のファイルへ反映される。
33-同期インターネット回線接続
34-同期

5.変な所
1)アプリOneDrive でオフライン設定すると(オフライン時使えるように)設定したファイル以外も同時に設定されることがある。—– 上記4.参照
2)パソコン OneDrive フォルダーで、クラウドへアップロードしたファイル開いてみたら、併せてもう一つのファイルもダウンロードされた
隣まで
3)オフラインを維持
クラウドへアップロードしたファイルでも、パソコンで開くとパソコンへダウンロードされ、回線非接続じでも使えるようになる。これでは容量節約にならない。
一旦開くと何時でも

 

 

 

 

 

カテゴリー: OneDrive, Windows, Windows10 | タグ: | コメントをどうぞ

Microsoft Store からの OneDrive アプリを使ってみた

OneDrive はOSに含まれる機能(以前はデスクトップアプリ)に加え Microsoft Store に「 OneDrive 」というアプリがあります。
大きな特徴は、他のマイクロソフトアカウントの OneDrive を合わせてに表示できることです
100-変OneDrive

以前にあったオンライン時のみ使用可能なファイル(フォルダ)とオフラインでも使えるものを分けて管理する機能はディスク容量小さいタブレットや小型のノートPCで便利とと思われますが、マイクロソフトはOneDrive からオンライン/オフラインの機能を削除したようです。この為か、Microsoft Srore 「OneDrive 」アプリには何かわけの分からないフォルダー(私だけかも)があります。
しかし他のアカウントの OneDrive が合わせて表示できるのはとても便利、複数のアカウントを持っておれば使う価値は大きいと思います。
このブログでは「すべてのフォルダー」、「写真」(写真のみ格納されている)と「共有」(共有済ファイルを格納)の三つのフォルダーについてしか触れていません。
200-変OneDrive 201-変OneDrive202-変OneDrive

1.「 OneDrive 」のインストール
Microsoft Store を開き、検索窓に「OneDrive」と入力し、「OneDriveアプリ」をクリック
10-OneDrive11-OneDrive

「入手」をクリックするとダウンロード/インストールが始まり、インストールが完了したら「起動」をクリック
12-OneDrive14-OneDrive

OneDrive の簡単な説明画面を右下の矢印で進め、最後に「OneDriveの使用を開始する」をクリック。OneDrive が表示される。
19-OneDrive20-OneDrive

2.操作
1)新規フォルダーの作成
画面右上のメニューにある「」をクリック、表示されたメニューで「新規フォルダー」を選択。
フォルダー作成画面となりますので、フォルダー名を記入し「作成」をクリックすると新しいフォルダーが作成されます。3-OneDrive4-OneDrive

2)アップロード
画面右上のメニューにある「」をクリック、表示されたメニューで「アップロード」を選択。エクスプローラが開くので、アップロードするファイルを選択して「開く」。ファイルがアップロードされる
40-変OneDrive

アップロードされたファイルが写真の場合は「写真」フォルダーにも表示される
41-変OneDrive

3)ダウンロード
ダウンロードするファイルを右クリックして、表示されたメニューで「ダウンロード」を選択。エクスプローラが開くのでダウンロード先のフォルダーを指定して「フォルダの選択」をクリック(ここではデスクトップへダウンロードした)
6-OneDrive

指定したフォルダーへダウンロードされる
7-OneDrive

4)共有(リンクのコピー)
OneDrive アプリでの共有も操作は簡単です。共有するファイルを右クリックし、表示されたメニューで「共有」を選択、更にメニューが表示されるので「リンクのコピー」をクリック。「表示のみ」か「編集を許可」するかを選ぶと(画面省略)リンクのコピーが始まる。リンクのコピーが完了したら「閉じる」
8-OneDrive9-OneDrive

クリップボードへリンクがコピーされているので、メールなどへ貼り付けて送付することでファイルを共有することができる(ここではエディターへコピーしてみた)。共有したサフラン画像です、クリックすると開きます
10-OneDrive

「共有」フォルダーへ共有したファイルが表示される。
11-OneDrive

3.アカウントの追加
画面左側のフォルダーメニューの一番下にある「アカウントの設定」を開く。アカウント画面が開くので「アカウントの追加」クリック、サインインする方法は、別のアカウント、Microsof アカウントを選んで「続行」
3-変OneDrive

アカウントの追加画面となるので、既に取得済のアカウントを書き込み、
そのパスワードを記入して「サインイン」
31-変OneDrive32-変OneDrive

追加したアカウントの OneDrive が表示される
33-変OneDrive

34-変OneDrive

カテゴリー: OneDrive, Windows10 | タグ: , | コメントをどうぞ

Windows10、エクスプローラの「ナビゲーションウィンド」

パソコンを使う時なくてはならないもの、フォルダーやファイルを開いたり、探したりするにはエクスプローラです。
エクスプローラでファイルやフォルダーを開くには、ナビゲーションウィンドウから目的のファイルやフォルダを表示させるのが一般的と思います。
201-エクスプローラー整理203-エクスプローラー整理

1.ナビゲーションウィンドの表示/非表示
ナビゲーションウィンドは殆どの場合表示した方が使い易いと思いますが、場合によっては非表示が良い時もあるのかも知れません、、、、。
ナビゲーションウィンドウを非表示にするは、リボンの「表示」からナビゲーションウィンドウを開き、「ナビゲーションウィンドウ」のチェックマークを外します。
113-エクスプローラー整理112-エクスプローラー整理

2.ライブラリーの表示/非表示
ライブラリーは異なるドライブのフォルダをまとめて表示できるなど便利ですが、便利な分今どのフォルダを操作しているのか混乱することもあります。自分のパソコンスタイルにより表示/非表示としましょう。
205-エクスプローラー整理

リボンの「表示」からナビゲーションウィンドウを開き、「ライブラリー」のチェックマークを外せば非表示となります。
110-エクスプローラー整理111-エクスプローラー整理

3.すべてフォルダーを表示/非表示
すべてのフォルダーをナビゲーションに表示させることもできます。これもライブラリーの場合と同じで、便利ですがややこしくなります。なお当然ですが、すべてのフォルダーを表示させるとライブラリーも表示されます(ライブラリーのみを非表示とすることはできません)。
207-エクスプローラー整理

4.開いているフォルダーまで展開
エクスプローラーでファイルを選択しているがそのファイルのフォルダーが直観的にわかり難い場合、「開いているフォルダーまで展開」をチェックすると(チェックが入る)選択しているファイルが入っているフォルダーまでナビゲーションウィンドウが展開されるという事のようです。既にチェックが入っていても再度クリックすると展開します(チェックは消えますが)。
208-エクスプローラー整理

5.フォルダーオプションでのナビゲーションウィンドウの設定
ナビゲーションウィンドウの設定はエクスプローラの「フォルダオプション」からも行えます。「表示」リボンから右上隅の「フォルダオプション」をクリックし、「フォルダーオプション」画面を開き「表示」タブにある「ナビゲーションウィンドウ」の項目でチェックマークを入切して設定。
204-エクスプローラー整理

その他
私は「すべてのフォルダー表示」と「ライブラリー」は非表示としています
210-エクスプローラー整理

カテゴリー: Windows, Windows10 | タグ: , | コメントをどうぞ