SkyDriveアプリを使う

「SkyDriveアプリ」を導入すると、あたかも自分のパソコンのフォルダのようにSkyDriveフォルダを使うことができます。無題

SkyDriveで共有するファイルを、パソコン内に設置された「SkyDrive」フォルダに保存すれば、インターネット上のSkyDriveのフォルダへすぐにコピー転送されます(同期します)。

SkyDriveアプリのインストール

1.「SkyDrive」で検索、サインインしてSkyDriveへ接続(WindowsLiveIDの取得が必要です)
1-Skydriveインストール2-Skydriveインストール

2.SkyDriveから「SkyDriveアプリ入手」をクリック3-Skydriveインストール4-Skydriveインストール

3.ダウンロードを始める
5-Skydriveインストール6-Skydriveインストール

4.早速使用開始、WindowsLiveIDでサインインする
7-Skydriveインストール8-Skydriveインストール

5.SkyDriveのフォルダを作る
9-Skydriveインストール10-Skydriveインストール

5.新たな「SkyDrive」フォルダが作成された。
11-Skydriveインストール
コンピュータ¥Windows7¥ユーザー¥SNO-CH01¥SkyDrive12-Skydriveインストール

このSkyDriveフォルダは、Web上のSkyDriveフォルダと同期してます。このSkyDriveフォルダへ入れたファイルは他コンピュターと共有することができます。

実際にパソコン内のSkyDriveフォルダへ入れたファイルが、SkyDriveへアップされる様子を動画でご覧ください。編集は行っていませんのでアップされるまでの時間は実時間です。

広告
カテゴリー: SkyDrive   タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中