フィッシング詐欺に気を付けよう

メールの件名が「MasterCard Account Holder」はフィッシング詐欺
メールからサイトを開くと下図のようなマスターカードの情報の再入力を求める画面が出るそうです。まったく素人目には偽物とは見えません
銀行やカード会社がこのような形で再入力を求めることはないそうです。日本の実在の金融機関を騙ったフィッシングメールも多くなっています。1-sagi キャプチャ

その他フィッシングメールによる詐欺の手口(So-net webメールの例)

1.(フィッシング)メールが来る2-sagi キャプチャ

2.サイトを開くとパスワードなどの入力を求められる3-sagi キャプチャ

カテゴリー: Internet タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中