出席、欠席者の男女別集計を行う(エクセル)

大会への出席者、欠席者の男女別集計をするには、SUMPRODUCT関数が便利です。
お月見会への出欠者一覧表から男女別の出席者数を求めて見ましょう。

練習用ファイルをダウンロード

a

1)一つの条件で数える(男性会員の数を知る)
エクセルの表から該当する内容のセル数をカウントするには、COUNTIF関数が便利です。
例えば、C列2行目から100行目の間で「男」と記入された数を知るには
=COUNTIF(C2:C100,”男”)となります。

a

2)複数の条件で数える(男性会員の出席者数を知る)
SUMPRODUCT関数が使えます。
「出欠者一覧表」から男性の出席者数を知るためには、
=SUMPRODUCT((C2:C109=”男”)*(D2:D109=”出席”))となります。

1-エクセル

※1 受付開始後に新入会者がでても計算式を修正しないで済むように、
計算範囲は112行までとしています。

※2 検算のため、SUMPRODUCT関数で求めた「出席」「欠席」「未通知」を
合計した(COUNTIF関数で得た総数と同じか確認)。

広告
カテゴリー: エクセル タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中