SkyDriveでフォルダ(ファイル)を共有する(一部の人へ公開)

無料のオンラインストレージとしては、Googleドライブ(5GB)、Dropbox(2GB)などがあります。しかし、SkyDriveは7GBまで使え、Windowsとの親和性がよく使いやすいと思います。
SkyDriveのフォルダ(ファイル)を範囲を限って公開し、お友達と動画や写真アルバムなどを共有しましょう。
なお、ホームページやブログでの利用するため、すべての人々への公開もできます。

1.SkyDriveを開き、共有フォルダを指定
共有するフォルダ(ファイル)を指定共有するフォルダ(ファイル)の左側にあるチェックボックスにチェック☑を入れ、共有をクリック1-共有SkyDrive

2.共有する人(Emailアドレス)を指定
宛先へ苗字を入力するとHotmailアドレスから候補の一覧が表示される
10-個別共有SkyDrive6-個別共有SkyDrive

3.宛先へ共有者(複数可)のEmailアドレスをセット
共有する人を全員入力したら「共有」クリック7-個別共有SkyDrive

4.共有を確認
右側の詳細ペインで共有相手を確認する8-個別共有SkyDrive

5.共有権限を設定する
表示できるだけか、編集までできるかを設定する9-個別共有SkyDrive

6.共有相手への連絡、ファイル共有
共有すると、宛先で指定したメールへ「ファイルの共有」を通知するメールが送られ、ファイルを開くことができる。11-個別共有SkyDrive

広告
カテゴリー: SkyDrive   タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中