ワード文書の自動バックアップ

Office-2010Word、Excel、PowerPoint)には作成したドキュメントファイルの自動バックアップ機能があります。うっかりして保存をせずに終了したり、パソコンがいうことをきかなくなり強制終了した場合に役立ちます。

ワードを例に、以下の三項目についてやってみましょう。
・全く保存せずに終了した
・保存済を修正したが保存をしなかった
・自動バックアップ機能の設定

[全く保存せずに終了から回復させる]

1.うっかり保存せずに終了2-保存せずに終了

2.最近使用したファイルから復旧
ワードを起動し
「ファイル」→「最近使用したファイル」→「保存されてない文書の回復」3-保存せずに終了

3.未保存ファイル一覧から選ぶ
一覧の中で該当するファイルを選び開く(ここでは一つしかないが複数あれば
更新年月日などで推定)4-保存せずに終了

4.復元した5-保存せずに終了


[保存済を修正したが保存をしなかった場合の復元]

1.修正したがうっかり保存せずに終了したhozonn-4

2.保存している修正前のワード文書を開く
7-保存せずに終了

2.「情報」から復元
「ファイル」→「情報」→「バージョン」→「(修正保存を忘れたファイル)」hozonn-1

3.保存を忘れた文書が表示されるので、確認して保存hozonn-2

4.修正分が復元した
hozonn-3

自動バックアップ機能の設定をする

1.オプションの「保存」で設定
「ファイル」→「オプション」
hozonn-5

2.何分ごとに自動保存を行うかを設定(既定では10分間隔)
オプション画面の「保存」を開くhozonn-6

エクセル、パワーポイントでも同様に保存忘れの復元ができます。

カテゴリー: エクセル, ワード, Office(オフィス) タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中