Outlookのスプレッド機能を使う

スプレッド表示機能とは、
件名を変えずにお互いに返信を繰り返すと、メールが他のメールや日時に関係なく連結・連続して表示される機能です。メールによる意見の調整や交渉を行ったとき、すべてのメールが一括表示されるので、経過やお互いの意見の流れが分かり易く、大変有用な機能です。WindowsLiveメールにも「スプレッド機能」は整備されています。

【スプレッド機能設定】

「表示」タブで「スプレッド表示」にを入れ、設定する。2-スプレッド機能

【受信トレイ】への表示状態】

受信トレイに、同一「件名」で交換された送受信メールがまとめて表示される。
(送信メールもクリックすると開く)3-スプレッド機能

※ WindowsLiveメールでのスプレッド機能表示の例4-スプレッド機能

広告
カテゴリー: メール(Outlook) タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中