Windows8の標準アプリ「フォト」

Windows8の標準アプリ「フォト」を使ってみた。写真を見るためのViewerとしての機能だけのものと考えたら良いと思います。パソコン内だけでなくネットでつながっている写真が全部見られ、クラウド対応となっています。
写真の加工はPhotoroomというソフトがあります。タッチパネルで2つを使いこなせば、若い人がスマホを使うみたいに「カッコいい」と思えるかも知れませんね、、、、?

7-Photoa

1.最初の画面
1-Photoピクチャ、Skydrive、Facebookまた同期させているパソコンのピクチャの写真がすべて見られます(ちなみにピクチャには11,694枚の写真があるようです)。

2.ピクチャを選ぶとピクチャー内の全フォルダ数とフォルダ外の写真枚数が分かる形で表示されます(フォルダは772個、その他143枚の写真)。2-Photo

3.「1999以前」というフォルダを選んでみます。5個のフォルダがあります。4-Photo

4.「1996」フォルダを選びます。このフォルダには12個の写真があります5-Photo

5.その中の1枚を開いてみます。6-Photo

ここでできることは、削除、回転、トリミングと「ロック画面」とか「アプリ表示画面」へ設定する程度です。画像の加工は「Photoroom」で行うことができますが、WindowsEssentialsフォトギャラリーに比べて貧弱です。

カテゴリー: Windows 8, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中