WindowsUpdateを行う(Windows8)

WindowsUpdateは自動インストールするように設定されていると思います。しかしシステム復元などで以前のシステムに戻した場合は、当然、その日以降の更新プログラムのインストールが必要となります。もちろん自動で実施されるので問題はありませんが、手動で行うこともできます。
Windows8ではスタートボタンがありませんが、PC設定の「Windows Update」で簡単に行えます。また、WindowsUpdateはコントロールパネルから行うことができます。

【PC設定画面からWindowsUpdateを行う】

1.チャーム画面を開き、「設定」から「PC設定の変更」
3-Update2-Update

2.PC設定画面の左側ペインの「Windows Update」を選び、
ああ「更新するプログラムを今すぐチェック」をクリックする1-Update


【コントロールパネルからWindowsUpdateを行う】

1.コントロールパネルから
ああ「システムとセキュリティ」→「システム」→「WindowsUpdate」1-システム復元設定2-システム復元設定

3-Update

2.更新プログラムの有無が表示される
ああ重要な更新が1個あったので、クリック4-Update※ 重要な更新プログラムが表示されてない場合は、左のペイン画面にある「更新プログ
ラムの確認」をクリックして、更新プログラムが無いか確認できる

3.更新プログラムが表示される(kb2764462)
ああ「インストール」をクリック5-Update

4.インストールが始まる
6-Update

5.インストール完了
7-Update

※ 更新プログラムの確認ができる

カテゴリー: PCバックアップ、復元, Windows 8 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中