BitLockerでUSBメモリーを暗号化する(Windows8)

USBメモリーなど外付けドライブは便利なものですが、パソコンへつなげば誰でも読み書きできるので、セキュリティ上問題があります。
Windows8では「BitLocker」という機能を使って簡単に暗号化できます(windows7でもUltimateEnterprise エディションでは使えます)。

なお自分のパソコン(ユーザーアカウント)であれば、いちいちパスワードを入力することなく暗号化したUSBが使える設定ができます(他人のパソコンでは開けませんが、自分のパソコンでは暗号化されてないのと同じ操作ができます)。

【USBメモリーにBitLockerを適用する】

1.USBメモリーをPCへ接続して、エクスプローラを開く1-BitLocker

2.USBを右クリックし、プルダウンメニューから「Blockerを有効にする」をクリック2-BitLocker

3.暗号化画面が表示されるので、パスワードを入力して次へ4-BitLocker5-BitLocker

4.回復キー(暗号を忘れた場合のキー、パスワードとは異なる)を保管しておく場所を決める(ここではデスクトップへ仮に書き出すが、大切に保管のこと)6-BitLocker7-BitLocker
保存が済むと
8-BitLocker
回復キー(Textファイル)の内容19-Bitlocker

5.暗号化の範囲を決める(未使用のUSBでない限り、ドライブ全体を暗号化してください)。暗号化の確認を行う
9-BitLocker10-BitLocker

6.暗号化が始まる
11-BitLocker12-BitLocker

7.暗号化したUSBメモリーを開く
次回以降USBを接続すると、エクスプローラ上で鍵マークが表示されている。USBを開こうとすると「BitLocker」画面が表示されるので、パスワードを入力して開く15-BitLocker14-BitLocker

【自分のパソコンではパスワードなしで開くようにする】

いちいちパスワードを入力するのは大変不便です。自分のパソコンであればすぐに開くようにして使いましょう(ユーザーアカウントでログインしているパソコンでは自動的に暗号解除する)。

BitLocker画面が出たところで「その他のオプション」をクリック画面が変わるので、
パスワードを入力し、「このPCで自動的にロックを解除する」にチェックを入れて、ロック解除
15-BitLocker17-BitLocker

以後はユーザーアカウントでログインしている自分のパソコンに限り、常にロックが解除された状態で使える18-BitLocker

広告
カテゴリー: BitLocker, Windows タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中