エクセルグラフ演習(棒グラフ)

実務に従事してないシニアにとって、エクセルやワードなど事務ソフトは殆ど使うこともありません。また使っても本の一部の機能で済みます。だから勉強しても役立つ機会がないし、使わないものはどんどん忘れてゆきます。

頭の体操として、エクセルデータを棒グラフ表示にしてみませんか。
演習用データはダウンロードしてお使いください。なお名簿一覧表から集計表をの作成もピボットテーブルで簡単に作成できます。
キャプチャ

仕上げは例として、以下のようにします。エクセルグラフ演習

操作方法はいろいろあると思いますが
【エクセル表の整備】

1.各支所毎の合計欄(SUM関数)を作成
2.タイトル行を中央寄せとして文字の大きさと色、塗りつぶしの色を設定
3.ヘッダーに表タイトルを入れる
4.グラフ化で使わない総合計欄の表示形式を変え、数字の後に「名」を入れる
(グラフが小さいので、各数字に名を付けるとごちゃごちゃするので今回は付けない)

【棒グラフ作成】

1.グラフ化する範囲を選択し、「挿入」タブからグラフエリアの縦棒、2D縦棒のなかからグラフを選び、棒グラフを表示させる
1-グラフ2-グラフ

2.棒グラフに数値を入れ、合計部分を表示させないようにする
合計部分を右クリックし、「データ系列の書式設定」をクリック。「塗りつぶしなし」「枠線なし」とする
3-グラフ4-グラフ

3.棒に実際の数値を入れる
棒グラフのそれぞれの部分を右クリックし、「データラベルの追加をクリック。合計部分(枠線も塗りつぶしもないが)も同様に行い数値を表示させる。
45-グラフ6-グラフ

4.合計の数値を移動させて、見栄えを良くする
合計数をクリックして適当な場所へドラッグ
7-グラフ8-グラフ

なお、ラベル(ここでは合計などの人数)を右クリックして「データラベルデータの書式設定」を開けばより詳細な設定ができる。
9-グラフ

5.縦軸(人数)の設定
最大値を適正にして、数字に「名」を付ける
10-グラフ11-グラフ表示形式のユーザー設定で、数字の後に「名」を付ける形式を追加して、選ぶ12-グラフ縦軸の太さを変える
13-グラフ

6.横軸を設定する
14-グラフ
支部名を直立させる。次に軸線を1.5ptとする
15-グラフ16-グラフ17-グラフ

7.凡例の設定
凡例を右クリックして凡例の書式設定を開く
18-グラフ
書式設定から塗りつぶしの色などいろいろ設定できる。19-グラフ20-グラフ

8.プロットエリアの書式設定
グラフの表示域を右クリックして、「プロットエリアの書式設定」を開く21-グラフ22-グラフ
塗りつぶしを薄いブルーにしてみた
23-グラフ24-グラフ

9.グラフタイトルの作成
「グラフのレイアウト」からタイトル付のものを選ぶことができるが、今回はこれを忘れていたので、別途タイトルを入れます。
245-グラフ

「挿入」タブから横書きテキストボックスを追加してタイトルとする。27-グラフ

タイトル名を入れて、テキストボックスの書式を整える。26-グラフ28-グラフ

完成
29-グラフ

カテゴリー: エクセル タグ: , パーマリンク

エクセルグラフ演習(棒グラフ) への1件のフィードバック

  1. inouetetsurou より:

    ぜひ、お試しください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中