確定申告用の医療費の集計(エクセル)

確定申告用の医療費の集計で去年の年月日を記入する方法について掲載しましたが、ここではファイル全体の簡単な説明をします。

1.医療機関と受診者(ここでは二人ですが)の入力はリストから行う
☆受診者は決まっているので事前にリスト化できます。
☆医療機関(病院やその薬局)は予めわからないので、セル範囲を指定しておきま  ああす。そして領収書入力の際にリスト範囲に医療機関名を記載してゆきます(2年目以降ああは新たに追加する医療機関名は当然減ってゆきます)
なおこのリストの隣の列にはその医療機関に払った金額総計を表示させるように
します

2.検算は、受診者毎の年間支払総額合計と各医療機関毎の年会支払総額の合計が
支払総額と合致するかを確認して行います。
各総計の計算範囲(何件の支払いがあるかわからないので)は私の場合は
400件程度として、範囲で指定しています。

名称未設定

※ ピボットテーブル集計を使えば数式の使用が不要ですので、より簡単に上記以上のことができます。

広告
カテゴリー: エクセル, Office(オフィス) タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中