ワードのコンテンツコントロール機能を使ってみました

ワード(MS Office word)は高機能で、私なんかその機能の10%も使ってないのではと思います。退職したシニアには勿体ないと思いながらも、「OpenOffice」の全面使用には踏み切れてません(アクセスやエクセルにVBAを使ってることもありますが、、、)。

「コンテンツコントロール 」機能を使ってお遊びの「申込書」を作ってみました。使用した機能は「日付選択」「テキスト」「チェックボックス」「ドロップダウン リスト」の4コンテンツです(サンプル(パスワード設定なし)を以下に示します)。全体a

【日付選択コンテンツ コントロール】を入れる

1.日付を入れる場所へカーソルを置き、「開発」タブから「コントロール」エリアの「日付選択コンテンツ」をクリックして入れる。
1-開発文字2-開発文字

2.「コントロール」エリアの「プロパティ」をクリックし、表示の形式を指定する3-開発文字

3.日付をコントロールから入れてみる
クリックするとカレンダーが開くので、該当する年月日をクリック
4-開発文字5-開発文字6-開発文字

年月日が表示される。

4.文字サイズなどの調整は、「ホーム」タブから行う(通常操作)
7-開発文字8-開発文字

【チェック ボックス コンテンツ コントロール】を入れる

1.カーソルを挿入場所に置き、、「開発」タブから「コントロール」エリアの「チェック ボックス コンテンツ」をクリックして入れる
1-チェックを入れる2-チェックを入れる

2.チェックボックスが入るので、「ホーム」タブからサイズなどを調整する3-チェックを入れる4-チェックを入れる5-チェックを入れる6-チェックを入れる

【ドロップダウン リスト コンテンツを入れる】

1.挿入する所へカーソルを置き、「開発」タブから「コントロール」エリアの
「ドロップダウン リスト コンテンツ」をクリックして入れる2-dropdown

2.コントロールエリアの「プロパティ」をクリック。
表示される「コンテンツ コントロールのプロパティ」画面で「追加」をクリック(ドロップダウンリストを入力・追加)

3-dropdown4-dropdown

「追加」をクリック順次、リストを追加してリストを完成させる
5-dropdown6-dropdown

3.リストからの入力
7-dropdown8-dropdown

【テキスト コンテンツ コントロール】 —  省略

テキスト

a

【「編集制限」機能を使う】

ワードでは編集制限を設定して、間違った修整や変更を防止することができます。
コンテンツコントロールを使えば(フォーム入力となっている)「フォーム入力」部分だけが、記入/修正できるようになります(もちろん読み取り専用として、すべての変更ができないようにすることもできます)

「開発」タブから「編集の制限」をクリックすると、「書式設定と編集の制限」画面が右サイドに表示されます。
同画面で、「ユーザーに許可する編集の種類」を「フォームへの入力」とします。「保護を開始します」をクリックすると「保護の開始」(パスワード設定)画面が表示されますので、パスワードを設定して「OK」。
9-dropdown10-dropdown

保護の制限が設定された文書は、
「開発」タブ①→「編集の制限」②→「保護の中止」③→「文書保護の解除」画面でパスワード入力④→「OK」⑤で、編集制限が解除されますパスワード

カテゴリー: ワード, Office(オフィス) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中