Windows8のシステムリカバリー(リフレッシュとリセット)

Windows8のシステムリカバリーは3通りあります。

  1. イメージファイルからの復元
    (バックアップした時点の状態が復元される)
  2. リフレッシュ
    (マイドキュメントなどは残るがストアアプリ以外のアプリは消える)
  3. リセット
    (Windowsの新規インストールとなる)

システムイメージファイルを外部記憶装置へ作っておけば、その時点への復元させることができます。インストールしたアプリケーションを含めすべて復元できるので最も有用です(Windows7と同じ)。
レフレッシュとリセットも、Windows8がシステムとして用意しているリカバリー機能です(Windows7まではPC製造者が組み込んでいた)。このため操作は至極簡単なようです。

リフレッシュ/リセット操作手順

1.チャーム画面の「設定」から「PC設定の変更」をクリック2-Windows8レフレッシュ

2.開いた「PC設定」画面で「全般」から操作

  • PCをレフレッシュする
  • すべてを削除してWindowsを再インストールする

Windows8レフレッシュ

レフレッシュやリセットはまだしたことがないので、実際どうなのかわかりませんが、従来に比べたら再インストールなどが簡単にできそうです(そんな事態にならないのが一番)。

PCリフレッシュの機能

実行後に残るもの 実行後に削除されるもの
ワイヤレスネットワークの設定 インストールしたプログラム
プリインストールされているアプリ ユーザーのプロファイル
プログラムとファイルの関連付け 復元ポイントやバックアップ設定
マイドキュメントなど
広告
カテゴリー: PCバックアップ、復元, Windows 8 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中