Windows8のタッチキーボード

Windows8はタッチパネルインターフェイスを指向しており、文字入力もタッチ操作で行うことができます(タッチ操作対応のディスプレイが必要条件です)。私のWindows8はWindows7からアップグレイドしたものですから、ディスプレイはタッチ対応ではなく、ストアアプリではタッチキーボードを開くことはできません。
しかしタッチキーボードはデスクトップアプリでも使用でき、タスクバーに「タッチキーボード」ボタンが用意されています。
0-キーボード

「タッチキーボード」ボタンをクリックすると、タッチキーボードが開きマウスで操作できます(キーの間隔が広くタッチし易くなってます)。
8-キーボード

【スクリーンキーボードを使用するように設定】

タッチキーボードは画面タッチで操作しやすい形ですが、ディスプレイがタッチパネル式でなければ、従来からのスクリーンキーボードが良いと思います(怪我をするなど不足事態が起こったときは、片手で、マウスだけで操作できる機能は重要です)。1-キーボード

1.「タッチキーボード」ボタンの表示を消す
「タッチキーボード」を右クリックし、ドロップダウンメニューから「ツールバー」をクリック、表示されたメニューで「タッチキーボード」のチェックを外す9-キーボード

2.「スクリーンキーボード」を起動するショートカットを作る
スタート画面で「スクリーン」と入力し、「スクリーンキーボード」の起動プログラムを表示させる
3-キーボード

4-キーボード

「スクリーンキーボード」右クリック(選択)してアプリバーを開き、「ファイルの場所を開く」をクリック5-キーボード

「スクリーンキーボード」のフォルダが開くので、「スクリーンキーボード」のショートカットをデスクトップへコピーする。

6-キーボード

このショートカットを「新規ツールバー(ここではTOOL)」ドラッグ&ドロップする。7-キーボード

【デスクトップに言語バーを表示する(言語バーを従来の形にする)】

1.言語バー設定画面を開く

IMEボタンをクリック、表示された画面で「言語設定」をクリックし「詳細設定画面」を開く10-キーボード

2.言語バー表示の設定とする
詳細設定画面で「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを
入れる11-キーボード

12-キーボード

言語バーが表示された

13-キーボード

しかし考えてみるとWindows8の推奨設定になれる方が良いもする
メニューは入力インジケータ(あ、A)の長押しで、表示させられる

名称未設定2-名称未設定

広告
カテゴリー: Windows 8 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中