GIMP、レイヤーマスクの使用例(背景をぼかす)

デジカメで撮影すると背景までピントが合い平面的な写真となり易い。こんな写真もフォトレタッチを使い、ポイントとなる部分を選択して、別々に加工すれば一眼レフで写したような被写体深度のある写真とすることができます。
レイヤーマスクを使うと、選択操作をしないでも同様の効果を実現できます。アルファチャンネルを使っても同様の効果を実現できます。

レイヤーマスクを使って背景をぼかした例です。
11-ぼかす

【レイヤーマスクで背景をぼかす操作】

1.レイヤーを複製する
レイヤーを右クリックし表示されたメニューで「レイヤーの複製」をクリック12-ぼかす

2.複製されたレイヤーをぼかす
「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」
3-ぼかす

画像がぼけた5-ぼかす

3.複製されたレイヤーに不透明のレイヤーマスクをかける4-ぼかす

複製製レイヤーを右クリックして、「レイヤーマスクの追加」。表示された「レイヤーマスクを追加」画面で「完全不透明(白)マスクをかける

13-ぼかす

 

4.ブラシで画像主要部の不透明マスク(白)を消して、所定の効果を得る
8-ぼかす

ブラシ設定—画像の状況に合わせ設定する細かい所は、はあああああああブラシを細くして塗る

色は黒、ブラシの形は2.Hardness 075、サイズは絵柄や場所により変える

クッキリ見せる部分をブラシでドラッグするああああああああ絵を見ながらの操作なのでやり易い51-ぼかす

9-ぼかす

5.完成
10-ぼかす

11-ぼかす

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中