パスポート用の写真を作る(GIMP)

パスポートは5年または10年間使えます。写真くらい専門家に作って貰っても良いかと思います。しかし退職したシニアで写真を趣味としているなら、せめてパスポートの写真くらい自分で作りたいものです。GIMP(フォトショップでも同じ)を使ってパスポート用の写真を作ってみましょう(変な顔が何回も出てきて、すみません)。

外務省     15-パスポート
見本(外務省、23年6月)      作成したもの

1.写真を写す
半身が入る程度の写真、眼鏡の反射がないこと、背景に雑多なものが写ってないこと。
大きなサイズで撮影した方が良いと思います(例は4352×3264)1-パスポート

2.出来上がりを想定して、大まかに切り抜く
印刷の解像度にして、写真サイズをcm単位とする
2-パスポート  3-パスポート

3.顔のサイズと全体の縦サイズを計測
顔が6.44cm、写真縦サイズが10.7cm
4-パスポート5-パスポート

4.写真縮小割合の計算をする外務省

見本顔(34mm):写真顔(64.4mm)=aaaaaaaaaa   a縮小縦サイズ:写真縦(107.5mm)

縮小縦サイズ = aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa  a見本顔(34)×  写真縦(107.5)÷  写真顔(64.4)

縮小サイズ = 56.8 mm

5.写真縮小
サイズは高さと幅を連結させておき、高さを変える(例では56.8)
8-パスポート

6.写真の顔のサイズが見本に一致
ガイド線を使い、写真のサイズを規定に切り抜く
9-パスポート10-パスポート

7.パスポートサイズの写真が完成
12-パスポート

8.4枚一組の写真とする
印画紙は一番小さいサイズでもL版なので、縦横2倍として4枚1組とする

先ずレイヤーを2倍にする
16-パスポート17-パスポート

キャンバスをレイヤーに合わせる
19-パスポート21-パスポート

元絵をコピーして4枚にする
元絵を右クリック、「不透明部分を選択に」をクリック、コピー。3回貼り付ける22-パスポート23-パスポート

3枚のコピーを移動して整列させる
24-パスポート  14-パスポート

9.印刷
GIMPで印刷
GIMPから直接原寸で印刷できるようだ。しかし私の印刷器とは相性が悪いのかA4サイズにしか印刷できない(位置の調整をしても印刷が同じ位置のため)13-パスポートIMG_2501

Windowsフォトギャラリーから印刷
自動的に印刷用紙のサイズで印刷される。レイヤーとキャンバスをL判サイズに拡大し「JPG」ファイルとし、写真が原寸サイズで印刷されるようにした

L判 —- 横、89mm   縦、127mm

26-パスポート27-パスポート

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 パーマリンク

パスポート用の写真を作る(GIMP) への4件のフィードバック

  1. yystk より:

    すばらしい!
    パスポートの写真は、自分で撮ったらダメなのかと思っていました。
    これならプロの写真と変わりませんね☆^。^☆

    いいね

  2. rikolto より:

    うまくできました。ありがとうございます。

    いいね

  3. 井上哲朗 より:

    パスポートセンターでは付属の写真撮影所での撮影を勧めます。10年に一回なので付属の写真撮影所を使う方が良いのかも知れませんが、、、悩むところです

    いいね

  4. 井上哲朗 より:

    良かったです

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中