Windows8へのアップグレイド準備

Windows8へのアップグレイドは、XP-SP3、VISTA、Windows7から可能です。しかし、自分のパソコンが本当にWindows8へアップグレイド可能かどうかは個別に確認する必要があります。
この確認はWindows8アップグレイドアシスタントによりできます。
確認結果は互換性レポートとして表示されますので、十分に対策を検討してからアップグレイドしましょう。
アップグレイドアシスタントを実行する前には、プリンターやモニターなど周辺機器を接続し電源を入れてください。

【アップグレイドアシスタントの使い方】

1.Windows8アップグレイドアシスタントを入手、起動する
「Windowsアップグレイドアシスタント」と入力して検索
1-アップグレイドアドバイザー

「アップグレイドアシスタント」をダウンロードし起動する2-アップグレイドアドバイザー

2.互換性チェック
ダウンロードした実行ファイルを起動すると互換性チェックが始まる1-名称未設定

結果を待つ

 



私のノート(VISTA→Windows7)の例では、62個のアプリとデバイスは互換性があるが、11項目について確認し、対応策を考える必要があるそうです。2-名称未設定

3.互換性の詳細を表示させる
21-名称未設定

詳細をゆっくり検討できる
51-名称未設定6-名称未設定

4 .その他
Windows8へ引き継ぎ可能な内容が示され、Winsows8の購入まで進むことができる3-名称未設定4-名称未設定

広告
カテゴリー: Windows 8 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中