Windows8、「 people 」にFacebookとTwitterを統合してみた

Windows8の標準アプリ、「 people 」に「Facebook」と「Twitter」を統合してみた。
知り合いが「outlook.com」の登録者へ加え、「Facebook」の友達と「Twitter」のフォロアー者&フォロー者まで入ってきたので、大人数となった。正直言って、何か便利になるのか、まだ全然実感がない。
また投稿のチェックは、ブラウザのタブを切り替えにより、FacebookもTwitterを見ることに慣れている。そして、かなり使い勝手が良いので、Windows8のpeopleを使うことは殆どない気もするが試してみる。

【 people に Facebook、Twitter を統合してみた】

1.スタート画面から「 people 」起動
1-pepole

2.起動すると「知り合い」の画面
outlook.comのアドレス登録者に加え、「Facebook」の友達と「Twitter」のフォロアー者&フォロー者までが入り乱れ「あいうえお、abc」順に並んでいる。
画面から、他のSNSとの連携がわかる。「更新情報」をクリックすると投稿も見れる。
2-pepole

3.更新情報を見る
FacebookとTwitterの投稿が入り混じって時系列で表示される
3-pepole

4.Facebookのみの投稿を見る(Twitterのみの・・・)
タイトルの「更新情報」右の下向き三角、▼ で、FacebookとTwitterを切り替える4-pepole

5.GoogleChromeでFacebookやTwitterを見る(現状)
タブ切り替えが便利で、これに慣れているのでWindows8のpeopleを使うだろうか?
6-pepole

「 people 」使用感想(4月17日)

当面、使わない。
「 iPad 」でFacebookやTwitterをするのと同じで不便で何か不安感がある。パソコン(デスクトップのブラウザ使用)が安心して使える。「 people 」をスタート画面から外すことにする。

カテゴリー: フェイスブック, Twitter, Windows 8 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中