Windows8へ旧パソコンのデータなどを引き継ぐ(転送ツールの使用)

使用中のパソコンがWindows8へアップグレイドできれば、多くのデータや設定をWindows8へ引き継ぐことができ、これに越したことはありません。
しかし新規にWindows8を購入した場合は、「転送ツール」でのデータやパソコン設定の移行が必要となります
転送ツールで引き継ぐことができるものは、
・ドキュメント(画像、音楽を含む)
・電子メール(メールアカウント、アドレス帳、送受信メール)
aa XPのOutlookExpressメール、VISTAのwindowsメールもLiveメールへ引継げます

・その他

Windows8へアップグレイドできる機種であっても、何らかの理由でWindows8を
新規インストールする場合は「転送ツール」が役立ちます。
調子の悪いOSのままWindows8へアップグレイドすると、アップグレイドしたWindows8へ悪い動作状態を引き継ぐこともあります。アップグレイドの場合でも、保険の意味で、旧パソコンデータを転送ツールで保存しておくのも良いかも知れません。

【転送ツールで引越し】 — メールはWindowsEssentialのLiveメールを想定

作業の流れ
1.転送ツールで旧パソコンのデータを外部記憶装置へ保存
(Windows7、8には転送ツールプログラムがインストールされています。XPやああああVISTAの場合はマイクロソフトのサイトからダウンロードしてください)
2.WindowsLiveメールをWindows8へダウンロード/インストールする
ああ(Liveメールは起動しないこと)
3.新Windows8パソコンで転送ツールを起動して、外部記憶から読み込む
4.Liveメールを起動してメール設定やメールを読み込む
  (Liveメールを起動するだけ)1-転送

ああ

1.転送ツールで旧パソコンのデータを外部記憶装置へ保存
 1)転送ツールを起動する(旧パソコンをWindows7としての説明)
すべてのプログラムから「転送ツール」を検索して起動

2-tennsou3-tennsou

2)転送ツールが起動
4-tennsou

3)転送データの保存先を指定
5-tennsou

4)使用中のパソコンであることを設定
6-tennsou

5)旧PCのデータ保存が始まる
7-tennsou8-tennsou

転送データが確認された(例では合計87.3GB)。パスワードは特に必要ない。9-tennsou10-tennsou

保存先を指定するエクスプローラ画面が開くので、外部記憶装置(HDD)を指定する14-tennsou15-tennsou

保存が始まり、やがて終了
16-tennsou17-tennsou18-tennsou

ここで画面右上隅の×をクリックして終了する。
外部記憶装置へ転送データが保存された。
19-tennsou

2.WindowsEssentials(Liveメール)をWindows8へインストールする

省略

3.新Windows8パソコンで転送ツールを起動して、外部記憶装置から読み込む
 1)転送プログラムを起動する
スタート画面で「転送ツール」と入力し、「転送ツール」アプリを起動2-転送3-転送

2)転送ツールが起動
4-転送

外部HDDから転送するとする。     使用中のパソコンは新PCとする。5-転送6-転送

転送データは保存済みかを聞かれる7-転送

エクスプローラ画面が開くので、外部HDDに保存した「転送データ」を指定する8-転送

転送する内容を確認して「転送」
9-転送

4.Liveメールを起動してメール設定やメールを読み込む

省略

カテゴリー: Windows 8 タグ: パーマリンク

Windows8へ旧パソコンのデータなどを引き継ぐ(転送ツールの使用) への1件のフィードバック

  1. yoshiko24 より:

    新しくパソコンを買い替える人に とても分かりやすい解説です。ありがとうございます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中