GIMP、画像の鏡面正対効果(ループスケール)

鏡と鏡を正対させると無限に鏡像が繰り返されます。鏡の中に鏡が写り、その鏡の中に鏡が写る、、、、、と無限に続きます。この効果をGIMPで出してみます。

鏡像無限 -五月人形h25

作図の原理は、画像を縮小し中心位置に重ねることを繰り返せば良いのです。しかし、手作業でやると手間と時間がかかります。このような作業を自動で行うのが、「PlugIn」であり「Script」です。

GIMPには多くの無名有名の方の作った「Script」や「Plug In」があります。
今回は「ループスケール」というScriptを使わせていただきます。

これが原画です。
五月人形h25

1.原画をGIMPで開き、「Script-Fu」タブから「魔術」→「ループスケール」と進む3-月人形h25

2.「ループスケール」設定画面で、縮小率(スケール)と繰り返し回数(ペースト回数)を設定し、「OK」。
4-月人形h25イメージに合わねばやり直す2-鏡像無限

イメージに合わねばやり直す

縮小率90%、繰り返し100回では以下の通り
3-鏡像無限

この程度で如何でしょうか
-五月人形h25

広告
カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中