GIMPでフォトレタッチ(パンをおいしく見せよう)

人の眼とカメラでの撮影では、色、光や影の処理の仕方が異なるため、思ったような写真を写すのは難しい。撮影時に照明を制御できることは殆どないので、撮影後の修整が多くの場合必要となります。GIPMのレイヤー機能を活かしたフォトレタッチをやってみましょう。

(フォトレタッチの実施結果)
4枚原画から完成もちろん、GIMPのフォトレタッチにも以下の方法以外に多くのやり方があります。

手順
1.パンを選択して、選択部分(パン)の色具合を調整
2.修正したレイヤーを複製して、パン部分のみ透過させ、モードを「オーバーレイ」とする
3.「オーバーレイ」にしたレイヤーを複製して、モードを「スクリーン」とする
4.「スクリーン」「オーバーレイ」レイヤーの不透明度を調整

1.原画を読み込み、パン部分を選択し、色調整

1-1原画を読み込む(フォトレタッチ原画

1-2前景抽出でパン部分を選択
ツールの「前景抽出」→パンの周りをドラッグして囲う1-前景抽出

パン部分が囲われた
2-前景抽出

パン部分を指定(パンの中を適当にドラッグ)
3-前景抽出

前景抽出完了
パン部分で選ばれてない部分があれば、再度その場所をドラッグして大まかに選択できたら、「Enter」で選択範囲を確定する
4-前景抽出

前景抽出の補正
「クイックマスク」をかける
5-前景抽出

選択範囲は「白」ブラシで補正、非選択部分は「黒」ブラシで塗り、選択範囲を補正する(ブラシはボケのあるものとし、ブラシサイズを選んで行い、表示倍率を適宜選んで行うとよい)
6-前景抽出7-前景抽出

8-前景抽出(クイックマスクを外すと、普通の選択状態となるので、時々外して選択状態を確認する)21-オーバレイ

2-3選択範囲をパスとして保存
選択範囲を5Pix程度ぼかす
「選択」→「境界をぼかす」や開いた画面で5Pixに設定)
20-オーバレイ

「選択」→「選択部分をパスに」(パスダイアログでパスを確認する)
<何らかの理由で選択が解除されても、保存しておけば安心>9-前景抽出

2-4「レイヤーを複製し、選択範囲(パン)の色などを調整する
レイヤーを複製し、位置関係はロックとする(レイヤーに鎖マーク)
複製したレイヤーの「色」→「色相ー再度」→「色相ー再度」画面で「彩度」、「色相」、「輝度」を調整11-選択色補正

調整が終わったら、レイヤー名を「パン強調」(「パン修正」が良かったか、、)とする12-選択色補正

2-5「パン強調」レイヤーを複製し、「オーバーレイ」レイヤーを作り、完全黒のレイヤーマスクをかける
複製レイヤーを右クリック→開いたプルダウンメニューで「レイヤーマスクの追加→「レイヤーマスクを追加」画面が開くので、「完全透明(黒)」とする13-オーバレイ

レイヤーマスクができた
14-オーバレイ

2-6マスクを選択範囲(パン部分)のみ透明にする
パスを選択範囲にパスダイアログを開き、パスを右クリック、パスを選択範囲とする
15-オーバレイ

パスが選択範囲となった16-オーバレイ

ツールの「バケツ」を選び、「白」色を選択範囲に流し込む
17-オーバレイ

モードを「オーバーレイ」とする。レイヤー名を「オーバーレイ」とする
18-オーバレイ

2-7スクリーンレイヤーを作る
「オーバーレイ」レイヤーを複製し、モードを「スクリーン」とする。レイヤー名は「スクリーン」とする19-オーバレイ

3.各レイヤーの不透明度を調整して完成

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中