GIMP、曲線に文字を沿わせて配置する

GIMPでも文字を任意の曲線に沿って並べることができます。
ベージュ曲線をパスで作れば、後は簡単です。入力した文字のレイヤーから、「パスにそってテキストを変形」を選びます。配置が変であれば、文字の大きさや文字間隔を調整しながらやり直してゆけば、ほぼ思い通りの配置とすることができます。
パスに文字を添わすGIMPで遊んだ、スーパームーン
今回は左図の文字配置を演習してみます。

作成順番
1.パスを作る
2.パスに沿って文字を配置
3.文字を修飾する

【パスを作る】
楕円ツールで円を描き選択、この選択範囲をパスに変換。更にパスを修整して半円のパスとする
(直接パスツールで曲線を描く方が一般的と思いますが、、、、、)

1.楕円選択ツールのオプション設定
月の周りに同心の正円に描くので、楕円選択ルールのオプションから
①値を固定(1:1)と、②中心から拡げるにチェック☑を入れる1-円を

2.円を描き選択範囲とする
月にカーソルを置き、ドラッグして円を拡げ選択範囲とする
2-円を3-円を

3.選択範囲をパスに変換
「選択」→「選択範囲をパスに」→パスが形成される
44-選択をパスに4-選択をパスに

4.パス変形準備
「パスツール」を選択し、「編集モード」を編集とする。パスダイアログでパスを表示させる
5-パス修正

5.パス変形(この場合は一部消去)
円のままだと文字スタート位置が決めにくいのでパスを一部消去して、文字のスタート位置とする。
①パスをクリックするとアンカー点が表示される
②「編集モード」を編集として、カーソルをアンカー点へ持って行き「Shiftキー」を押すと「-」が表示される
③クリックするとアンカー点が消去される

②、③を繰り返し、文字スタート位置(パスの切れ目)を設定する6-パス修正7-パス修正

【パスに沿って文字を配置】

1.文字を入力
画面内の適当な場所にパスに沿わせる文字を入力
8-パス文字

2.パスに文字を沿わせる
レイヤーダイアログで、文字レイヤーを右クリックして「パスに沿ってテキストを変形」をクリック9-パス文字

パスダイアログに文字の形のパスが形成される
10-パス文字

3.適当な文字配置とする
「編集」→「パス加工を元に戻す」で元に戻り、文字の大きさや文字間隔を変えてやって見る。
気に入るまで繰り返す。
82-パス文字

12-パス文字

4.余計な文字やパスを消す
13-パス文字

【文字を修飾する】
パス線のままでは単純すぎるので文字を修飾する。ここでは文字に色グラデーションを付け、文字の背後に輝く金の玉を散らせてみる

1.パスを選択範囲に変える
パスダイアログで、文字パスを右クリック全宅範囲に」をクリック
14-文字加工

2.文字修飾レイヤーを新設
文字の修飾は新しいレイヤーで行う
15-文字加工

3.文字にブレンド色を付ける
ツールで「グラデーション」を選び、グラデーションの種類などを決め文字範囲でドラッグ16-文字加工

4.文字の後ろに金の玉を散らす
「文字背景」というレイヤーを新設し、文字加工の下に置くブラシツールを選び、
①ブラシを「sparks」
②サイズを決め、動的特性を「Dynamics Random」とする
17-文字加工

③「編集」→「選択範囲の境界線を描写」として、ブラシで描写する20-文字加工18-文字加工

完成(選択解除、パスやレイヤーの余計なものは表示を消す)
19-文字加工

カテゴリー: GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中