エクセル2013の「フラッシュ フィル」機能

エクセルを使う機会は少なくなって、また簡単な用しかなくなりましたがオフィスを人並みに2013へ更新してます。
幸い2013でも、アクセスの備忘録(日記、こづかい帳)、交遊録(住所録に郵便物の送受記録を付けたもの)、シニアの名簿録も正常に働き、エクセルで作ったシニアネット名簿もOKでした。
マクロ(VBA)を組み込んでいるので働かなかったら改修する気力があるか心配でしたが、、、。

エクセル2013では新しく「フラッシュ フィル」という機能があります。
名簿などで、氏名が姓と名に分けて入力されているデータを、後から 姓名として1つのセルにまとめる場合には重宝しそうです。また逆に姓名で入力されているデータも運が良ければ、姓と名に分けることができます(姓と名の間に半角または全角のスペースがあればできます)。

【フラッシュ フィルを使い姓と名から姓名を入力する】

1.新たに「姓名」列を作り、トップ行に「姓」と「名」を入力、確定後このセルを選択
2.「ホーム」タブから「フィル」をクリック
3.プルダウンメニューの「フラッシュフィル」をクリック
4.全データの姓名欄が完成する
操作名称未設定

「フラッシュ フィル」で、できること
姓と名から姓名姓名から姓と名へ

できないこと
分離できない

苗字と名前の間にスペースがないと最初の行の苗字数の所で分離される

広告
カテゴリー: エクセル, Office(オフィス) タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中