Scratchでのプログラミンを動画にしてみました

小中学生向けのプログラム言語「Scratch」は命令ブロックを積み重ねる形で、簡単にプログラムを作ることができます。
実際にどのように作るかを、猫を「50歩」歩かせ「ミュアオウ」と鳴かせるプログラムを作ってみましょう。

1.Scratchの画面構成
構成画面は「ステージ(舞台)」、「スプライト(役者)がいる楽屋」、「ブロックパレット(命令リスト)をいれる倉庫」、「脚本演出の場(プログラミング・エリア)」があります。3-Scratch

2.プログラム作成方法
命令リストから命令ブロックをプログラミング・エリアヘドラッグして作ります
4-Scratch

3.プログラミングの実際
猫を「50歩」歩かせ「ミュアオウ」と鳴かせるプログラムの作成を動画で見てください

4.プログラム完成
スタートボタン(緑の旗)から起動するようにすると完成です
9-Scratch

5.私の作品
大したものではありませんが、、、、
http://scratch.mit.edu/users/onsenjirou/projects/

広告
カテゴリー: Scratch タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中