よく考えたらSkydriveで同じことをやっていた

iPadにアプリを入れ、Googledriveもチェックできるようにした。
なんと既にSkydriveでやっていたことと全く同じことだった。SkydriveもWebアプリという形でOfficeを読み修正もできる。SkyDriveは以前から使っていたので20数GB使え、Googledriveの約5倍の容量だった。

iPadでGoogledriveを開く
20-スタート画面21-スタート画面

スプレッドシートを操作してみた
22-スタート画面23-スタート画面

広告
カテゴリー: Google Chrome, Office(オフィス) タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中