WindowsEssentials、メールアドレスを帳をインポートする

WindowsLiveメールのアドレス帳をCSVファイル形式で書き出した(エクスポート)ものを、別のコンピューターへ書き込む(インポート)することは簡単です。

1.Liveメールを開き、画面左下にある「ショートカット」ウィンドウから、「アドレス帳」をクリック、
あ ホームリボンの「インポート」をクリック
1-名称未設定

2.インポートのメニューが開くので、「カンマ区切り(.CSV)」をクリック2-名称未設定

3.CSVのインポート画面が開くので、「参照」をクリックして、インポートするファイルを選ぶ
(ここではデスクトップにある「2013-9TEST」)
3-名称未設定4-名称未設定

4.インポート画面にインポートするファイルがセットされた
5-名称未設定

5.CSVのインポート画面にインポートするフィールド(項目)が表示される。
「完了」をクリックするとインポートが開始する

6-名称未設定

広告
カテゴリー: メール, メール, WindowsEssentials タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中