Windows8.1、インターネットエクスプローラ11(IE-11)

Windows8.1には、WebブラウザとしてのインターネットエクスプローラIE-11が標準装備されています。
Windows8のストアアプリ、IE-10は大変使い辛いものでしたが、IE-11は大きく改善されたと思います。お気に入りがデスクトップと共用になりましたし、タブ機能も備わり、2画面表示も使えます。

Windows8.1の「IE-11」の概要

<ストアアプリとデスクトップアプリの切替>
IE-11では、デスクトップアプリが常に開く設定の他、デスクトップからだとデスクトップアプリが、スタート画面などからだとストアアプリが開く、など状況に応じて起動させる設定を選ぶことができます。
アプリ切替の設定は、デスクトップアプリの「インターネットオプション」画面を開き、
「プログラム」タブの「Internet Explore の開き方」から設定します
1-internet112-internet11

なお、ストアアプリで表示中のサイト画面はすぐにデスクトップアプリ表示に切り替えることができます
21-internet11

<ストアアプリの「お気に入り」>
お気に入りは以下のように表示されます。お気に入りを開くには、マークも同じ「星のマーク」をクリック。
フォルダも使えますし、何よりもデスクトップのお気に入りとの共用です(同じになります)。
3-internet11
お気に入りのフォルダを開いてみました    デスクトップのお気に入り
15-internet114-internet11

お気に入りへの登録
お気に入りへ登録するWebページを開いて、「星マーク+」をクリックします14-internet11

<2画面表示>
「新しいウィンドウで開く」という機能があります。リンクを開くとき、右クリックして表示される「新しいウィンドウで開く」をクリックします。

8-internet11
タブ機能がありますので、複数の画面が準備できます。ここで、開くタブを右クリックして「タブを新しいウィンドウで開く」をクリックすると2画面となります。10-internet11

16-internet11

<リーディングリスト機能>
これはWebブラウザの機能と云うよりWindows8.1の機能です
後で読みたいWebサイトのページを保存しておくものです。URLだけと思いますので、インターネットに接続してないと読めません。

後で読みたいWebページを開いた状態で、チャームから「共有」をクリックして開いた共有画面で「リーディングリスト」をクリック
11-internet1112-internet11

リーディングリスト画面で「追加」。スタート画面の「リーディングリスト」に登録されます。17-internet11

スタート画面から開いて読むには、「リーディングリスト」をクリックし開いたリーディングリスト画面で読みたいものをクリックすればOKです。
20-internet11
19-internet11

なお、IE-11の機能としては「スタート画面にピン留め」と云う機能があります。後で読みたいページをスタート画面に表示するものです(リーディングリストをある程度保存するものとすれば、ピン留めは読んだらすぐ消してしまうようなものという気がします)。

開いているページをピン留めするにはピンマークをクリックして、「スタート画面にピン留めする」をクリックします。
5-internet11

スタート画面に「ピン留めしたタイル」が表示されます
7-internet11

広告
カテゴリー: Internet, Windows8.1 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中