Windows8.1のファイル履歴をWindows7で開く

Windows8.1(ここではデスクトップPCとします)のファイルの履歴は、何らかの理由でファイルが破損したり間違えて保存した場合にファイルを復元できるものです。
しかし完全にデスクトップPCが壊れてしまった場合でも、「ファイルの履歴」から別パソコン(ここではWindows7が入ったノートPC)で壊れたファイルを復元できます。

キャプチャ

【Windows7ノートパソコンで復元】

Windows8.1の履歴読み出しテストで使用したファイルを復元します>
1.接続された履歴用HDDを開く1-backup
2.「FileHistory」フォルダを開き、コンピューター名と順次開く
2-backup4-backup

3.「Data」フォルダから「C」フォルダ、「C」フォルダと開く
5-backup6-backup

4.最後のユーザーフォルダを開くとドキュメントのフォルダが開く
デスクトップのテスト用ワード文書を開いてみる7-backup

5.ファイルを復元
修正した回数分のファイルがあるので(テストのため保存するごとに履歴読み込みを実行させたが、普通は1時間に一回履歴として記録される)最新のファイルを開いてみる8-backup

6.開いた
9-backup

7.デスクトップへ保存した
10-backup

広告
カテゴリー: PCバックアップ、復元, Windows8.1 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中