ワード文書のテンプレートを作成する(Office2013)

ワードにはたくさんのテンプレートが登録されており、目的に合った文書フォーマットを使うことができます。また自分で独自のテンプレートを作り登録することもできます。教室などのパソコンで特殊な設定(例えば余白を0にしたもの)を使うときは、そのフォーマットは別に登録して、既定のフォーマットを変更しないようにしましょう。他の人が使い易くなります。
私は下図のようなものを登録して使っています。
1-wordTemp2-wordTemp
なお、エクセルのテンプレート作成はワードと同じですが、図形のデフォルト設定が異なります

では、以下のようなテンプレートを作り「TEST]というファイル名でお勧めのテンプレートに登録してみましょう
3-wordTemp

1.テンプレートにする文書を作成
ワードを開き文字を入力して、太字でフォントを14とする。図形を挿入し線を赤に、塗りつぶしを薄い黄色にする。次に文字は消し、図形も切り取り消去して白紙状態とする。

2.テンプレートとして保存
1)「ファイル」→「名前を付けて保存」→「コンピューター」→「参照」4-wordTemp

2)開いたエクスプローラ画面で、「ファイルの種類」を「Word テンプレート(*.dotx)」とする
5-wordTemp

3)自動的にOfficeのカスタムテンプレートフォルダが開くので、ファイル名を付けて「保存」
6-wordTemp

3.保存したテンプレートを「お勧めのテンプレート」へ移す
1)ワード画面から「ファイル」→「新規」→「個人用」として、個人用テンプレートを開く
7-wordTemp

2)「お勧めのテンプレート」へ移す
テンプレートの右下の「一覧に固定」をクリックする
9-wordTemp

3)「お勧めのテンプレート」へ移った
11-wordTemp

カテゴリー: ワード, Office(オフィス) タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中