Writer(WindowsLiveEssentials)の既定のフォントを変更する

Writerはブログサイトからテーマを読み込んでスタイルを決めています。Wordpress以外のブログを利用する場合も同じようにそのブログのスタイルを読み込んで表示しています。ブログサイトでのフォントなどスタイルを好みのものにに設定すれば、Writerのフォントも同じになります。
しかしWordpressお任せの無料ブログサーバーでは、自分で選んだテーマのフォントは固定されています。

Writerでフォントを変えても、公開されるブログのフォントを変えることはできません。しかしWriterで見易いフォントを既定に変更すればブログ作成の効率は上がります(残念ながらブログのフォントへは反映されませんが)。
WordPressお任せ無料ブログでも、カスタムデザイン($30-)を購入すれば、カスタムCSSでブログのフォントを変えるなど表示スタイルを変えることができるようです。

ここでは「Writerの既定のフォントを変える方」と「ブラウザインターネットエクスプローラ、Chromeの文字を強制的に<Meiryo>に設定する方法」について書きます。

【Writerの既定のフォントを変える】
1.既定のスタイルを設定している「Style.css」を表示する
「Style.css」はテンプレートフォルダにあります。
Witerでは多くのブログサイトへ投稿公開ができますので、投稿するブログサイトの数だけ子のテンプレートフォルダがあります。
場所は以下の通りです。
(半角英数字A)が各ブログに対応し、その下にそれぞれ(半角英数字B)と(半角英数字C)に対応するフォルダがある構成です。

C\User\(Tinoue)\AppData\Roaming\Windows Live Writer \blogtemplates \(半角英数字A)\(半角英数字B)&  (半角英数字C) \style.css
2-font

親テンプレートフォルダ{(半角英数字A)に相当}を選び、「index.htm」を選択して表示される内容を見て、該当するブログのテンプレートフォルダを探す。
3-font

該当するフォルダで、「style.css」で検索。何故か2個 「style.css」がある4-font

2.「style.css」のフォント規定を「Meiryo」に変更
「style.css」をCSSエディターで開く
5-font

3.「Georgia」を「Meiryo」に書き換え、上書き保存
先頭近くの「textarea」にある
6-font

もう一つある 「style.css」 も同じように、「Georgia」を「Meiryo」に書き換える

【ブラウザでの表示文字を常に「Meiryo」に固定する】
サイトで使われているフォントに関係なく常に「Meiryo」で表示させる
Chromeの場合
拡張機能を組み込む(一例として強制メイリオちゃん)
7-font

インターネットエクスプローラ(IE)の場合
インターネットオプションで設定
「フォント」からWebページのフォントを「Meiryo」にする
8-font

次に「Webページで指定されたフォントを使用しない」設定とする
9-font

広告
カテゴリー: ブログ, Google Chrome, Internet, WindowsEssentials, Wordpress, Writer タグ: , パーマリンク

Writer(WindowsLiveEssentials)の既定のフォントを変更する への2件のフィードバック

  1. yoshiko24 より:

    ありがとうございます。難しそうで保留していたのですが 丁寧な説明でよくわかりました。やっとできました。

    いいね

  2. 井上哲朗 より:

    お役にたって良かったです

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中