GIMP、グラデーションの作成

任意のグラデーションバーの作成は、ワードの描画機能でも作成できるほどかなり一般的な機能です。
ここではGIMPツールのグラデーションに新たなグラデーションを追加してみます。3分割のグラデーションHSV色モデルで分割しないで多色のグラデーションを作ります。
23-gradation

1.グラデーションダイアログを表示させる(表示済みなら次へ)
画面右部ドッキングされたダイアログの「◀」をクリックし、グラーデーションタブを追加する
(シングルウインドウモードで表示してますが、一画面化しなくても機能は同じです)3-gradation

4-gradation

2.新しいグラデーションを追加
「グラデーション」ダイアログの下部の新規作成をクリック
5-gradation6-gradation

名前を付ける(ここでは「INOUE-TEST」)
7-gradation

3.グラデーションに色を付ける
名前を付けたグラデーションをクリックすると編集画面となるので、グラデーション画面部を右クリックして表示されたメニュー画面で、左終端色を指定する(ここでは「赤」色)。
8-gradation

同様にして右終端の色を指定する(ここでは「緑」色)。赤から緑へ変るグラーデーションができた。
9-gradation    10-gradation
赤から緑へ変るグラーデーションができた。

4.3分割グラデーションを作成(「INOUE-TEST」のグラーデーションを3分割する)
グラデーション画面部を右クリックして表示されたメニュー画面で、「セグメントの均等分割」をクリック
11-gradation  12-gradation

5.分割部分の端の色をそれぞれ設定する
(ここでは第一の左を赤、右を緑。第二は左を緑、右を青。第三は左を青、右を赤に指定した)
先ず第一セクションをクリックして指定、
グラデーション画面部を右クリックして表示されたメニュー画面で、左終端は赤、右終端は緑に設定。13-gradation

同様に第二、第三のセクションでセクションを選んだ後、左右終端の色を設定
15-gradation16-gradation

6.ツールから「INOUT-TEST」グラーデーションで塗ってみた
17-gradation

7.色モデルを「HSV」する
RGB軸での色指定を、感覚的にわかり易い「HSV」表示変えるとグラデーションの作成が容易になる。また左右端を指定するだけで、幅広い色のグラデーションが作れます。
RGB軸「赤・緑」二色のグラデーションを「HSV」表示に変えてみましょう。「HSV」表示では時計回りか、反時計方向に変えるかで色変化が異なってくる。
<RGB>
22-gradation

<HSV表示> RGB、HSV時計回り、反時計廻りを並べています
21-gradation

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中