ワード2013でグラデーションバーを作る

ワードの作画機能でグラデーションバーが作れます。もちろんGIMPLibreOfficeのDrawなど描画機能のものとは違い、作成したグラデーションパターンを保存して他でも使うスタイルではありません。
しかしヘッダーなどに素敵なグラデーション配置してテンプレートとしておけば、そのテンプレートを開いて自分専用をアッピールした用紙を使うことができます。
ああああああああああ<ヘッダーにグラデーションを置いた例>
ヘッダー例


【ワードでグラデーションバーを作る】
1.長方形図形でバーを作る
リボンの「挿入」→「図形」→「正方形/長方形」
1-gradation

2.バーの塗りつぶしをグラデーションにする
バーを右クリック、表示されたメニューから「図形の書式設定」
2-gradation3-gradation

図形の書式設定が開くので塗りつぶしを「グラデーション」に、(グラデーションの)方向を「右方向」
4-gradation

3.グラデーションの色を設定
「色」の下向き「▼」をクリックし、その他の色をクリックし、「色設定」画面を開く
例として「ユーザー設定」タブから赤を選ぶ場合は、「カラーモデル」はRGB、赤を「255」、緑や青は「0」とする(R、G、Bとも最大値は255、最小値は0 )
5-gradation6-gradation

同様に2番目の分岐点をクリックして色を「緑」に設定、更に3番目は「青」に設定
7-gradation8-gradation

9-gradation

4.分岐点の追加
図形の書式設定画面で「グラデーションの分岐点」の任意の場所をクリックすると分岐点が追加される(第4の分岐点を追加した)。第4の分岐点は「白」色に設定。
11-gradation

12-gradation

5.分岐点の位置を調整
各分岐点はスライドできるので、動かし好みのグラデーションにする13-gradation

6.グラデーションバーに文字を表示させる
バーを右クリックして、「テキストの追加」を選ぶ
14-gradation

バーの中に文字入力のカーソルがでるので、文字を入力(グラデーションと入力した)17-gradation
(この後、リボンの「ホーム」の段落から文字を右寄せとした)

文字はリボンの「ホーム」のフォント段落で修飾できる。また図形の書式設定の「文字オプション」からも修飾できる。
下図の大きなグラデーションバーは、最初に作成したグラデーションバーをコピー/貼り付けで作成したもののサイズを変え、文字を大きくし縁取りをするなど修飾を加えたものです。19-gradation

広告
カテゴリー: ワード, Office(オフィス) タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中