ワード2013のテンプレートを修正/削除する

ワードなどで自分用の書式を作ることができます。
手紙、葉書、勉強会資料などそれぞれの目的に合った様式として、すべてに共通したマークや模様などデザインにしておけば、自分らしさを出せると思います。ここでは作成済みのテンプレートを修整、保存してみます(テンプレート作成ブログ)。
MS Officeのワード、エクセル、パワーポイントの個人用テンプレートは「ドキュメント」フォルダー内の「Officeのカスタムテンプレート」フォルダに保存されています。またテンプレートの登録修正などの操作はワード、エクセル、パワーポイントで同じです

16-template

1.登録済のテンプレートを開く
ワードを起動して修正するテンプレートから新規文書を開く
1-template

2.文書を修正する
フォントや図形様式などを修正する。図形の図式を変えた場合は既定の図式にする。
2-template9-template

文字や図形を消去する
3-template

3.テンプレートとして保存
「名前を付けて保存」→「コンピュータ」→「参照」、
開いたエクスプローラ画面でファイルの種類を「ワードのテンプレート」とする
4-template 5-template

4.自動的に開いた「Officeのカスタム テンプレート」フォルダに保存
開いたテンプレートへの上書き保存はできないので、別名で保存(ここでは「井上3」)6-template

5.旧テンプレートを削除、ファイル名変更
保存されたらワードを終了する。
テンプレートフォルダで、古いテンプレートを右クリックして削除
7-template8-template

新しいテンプレートファイル名変更(右クリックして変更)
10-template

6.旧テンプレートを一覧から外す
ワードを開くと旧テンプレートが「お勧めのテンプレート」に残っているが、開こうとしても開けない。
(下図での「井上3」は本当は「井上2」です、図が間違ってます)。
11-template
消したテンプレートをクリックしても開かない。旧テンプレートを一覧から外す
12-template13-template

7.修正したテンプレートを「お勧めのテンプレート」へ移す
「個人用」へ切り替え、修整したテンプレートを「一覧に固定」する
14-template

「お勧めのテンプレート」へ修正したテンプレートが表示される(古いテンプレートは無くなっている)15-template

広告
カテゴリー: エクセル, ワード, Office(オフィス), PowerPoint タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中