OneDrive(SkyDrive)上のファイルをオフラインでも使う(Windows8)

Windows8.1 ではOneDrive(前はSkyDriveと云っていた)の使用が当然の機能として組み込まれています。パソコンをマイクロソフトアカウント(PIN、ピクチャ)でサインインしておれば、クラウドを意識することなくOneDriveが使えます。
OneDrive上のファイルは、オンライン(インターネット接続時)時のみ使える設定とオフライン(インターネット未接続)でも使える設定が選べます。当然オンラインのみの使用設定にすればパソコンのメモリーの節約になりますので、メモリーの少ないスマートフォンやタブレットでは役立つと思います。オフラインで行ったファイル修整は、後刻オンライン環境ができた時に自動的にOneDriveへ送られ修正されます。
ここではOneDrive上のファイルのオンライン/オフライン設定の切替などOneDrive関連事項について書きました。

【ストアアプリのOneDrive の起動、表示切替】
スタート画面のOneDriveを起動
0-OneDrive

一覧表示ああああああああああああああああああああタイル表示
1-OneDrive2-OneDrive

【選んだファイルをオフラインでも使用できるようにする】
既定の設定ではオンラインでのみ使用となっています

オフライン使用とするファイルを右クリックし①、アプリバーを表示させる②、表示されたアプリバーの「オフラインで使う」をクリック③
3-OneDrive

確認のため表示された画面で、「オフラインで使う」をクリックすると設定(PCへのダウンロード)が始まり、しばらくするとオフライン使用可のマークがファイルへ表示される4-OneDrive

5-OneDrive

【選んだファイルをオフラインでも使用できるようにする(デスクトップアプリから)】
デスクトップアプリでもオフライン使用可の表示がでます。またその切り替えもできます。しかしWebブラウザからOneDriveを開いたものには表示もありませんし、オフライン/オンライン使用設定の切替はできません。
エクスプローラから「SkyDrive」(OneDrive)を開く
各ファイルには利用可能性として、「オンラインのみ」か「オフラインで利用可能」かの表示がある6-OneDrive

ファイルを右クリックするとメニュー画面が開き、利用可能性を変更できる7-OneDrive

【オンライン/オフライン設定の全ファイルの一括切替】
Windows8の既定の設定は「オンラインでのみ使用」となっていますが、OneDriveのファイルの既定の設定を変更することもできます。
ストアアプリのOneDriveを開いた状態で、チャーム画面から「設定」として設定画面を開く。設定画面で「オプション」をクリックし、開いた「オプション」画面で、「すべてのSkyDriveファイルにオフラインでアクセスする」をオンにする(スライドスイッチ)。
またこの「オプション」画面で、すべてのOneDrive上のファイルをオフラインでは開かないようにすることもできます。
8-OneDrive

カテゴリー: OneDrive, SkyDrive  , Windows 8, Windows8.1 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中