デジカメの WiFi 機能を試してみた

カメラを買い換えたら WiFi 機能がついていたので試してみました。
試した内容は、パソコンへの撮影画像の転送(USBケーブルで行っていた機能)、iPad への撮影画像の転送(今まではパソコン経由で実施していた機能)、(カメラメーカーの)画像保存クラウドへの転送(OneDrive、DropBox、GoogleDrive などに相当する)です。この他クラウドから更にFacebookなどSNSへの画像投稿、プリンターや他のカメラへの画像転送もできるようです。カメラ-WiFi

カメラで WiFi 設定を行うと簡単にパソコンや iPad 、画像クラウドへ転送できます。転送モードにすると WiFi 設定された機能がメニューとして表示されます(下図)。1-カメラ転送

ここから転送先を選んで写真や動画を送ります。

クラウドへの転送を選ぶと(CANON IMAGE GATEWAY)下左図のように転送する画像を選択する画面となります。

2-カメラ転送3-カメラ転送この時の WiFi 設定メニュー画面は上右図のようになってます。ここから新たな転送先を設定できます。

カメラや iPad ではカメラから画像を取り込むためのアプリケーション(Ex. CameraWindows)が必要となりますが、すべて無料のものです。パソコンではこのアプリを起動して、未取り込みの画像などを設定してパソコン側から操作して取り込みます。iPad の場合は画像を指定して取り込むことができます。
(もちろん、何れの場合も事前にカメラを該当する転送モードとしておきます)
注意事項としては iPad など携帯機器は家の中でも場所によりアクセスポイントが最適なものへと変わりますので、カメラで設定したアクセスポイントと異なる接続となる場合があります。 接続不能となった場合は、携帯機器側の接続アクセスポイントの確認と変更が必要となります。iPad-3

Image Gatewayへの転送だけはカメラ側から写真を選んで行います。
CanonImageGatewayのオンラインアルバム画面は下図のようなものです。
CanonImageGateway

カテゴリー: カメラ, iPad, 写真, 動画 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中