MS Office ワード、改行間隔の復習

ワード、行間の調整と校正結果波線の消去を復習してみました。
スペルミスや校正結果を表示してくれる波線、親切だけれど少し迷惑。行間が広すぎるのも少し気になる。

【行間の設定】
リボンの「ホーム」の「段落」部分右下隅の拡張機能ボタンをクリックして、段落画面から設定。10-行間

段落の前後の設定を自動にすると、段落後の間隔が拡がるので読み易いと思う。
9-行間

段落の前後を0行にすると、段落の後でも行間は拡がらない。
8-行間

行間を無くして沢山の文字を書くには、行間を「固定値」とし間隔を文字のフォントと同じにすればよい。
7-行間

(親切すぎる)校正結果波線を消す】
ファイル→「オプション」、
開いたオプション画面で「文章校正」を選び、「例外」にある「…結果を表わす波線を…」のチェックを外す。
5-~線表示 6-~線表示

広告
カテゴリー: ワード, Office(オフィス) タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中