GIMP、アルファ-チャンネルを使って背景に模様を付ける

GIMPではチャンネルというRGB3色のマスクを使うことができますが、新たにチャンネルを追加して(アルファチャンネルを追加)使うことができます。
ここではアルファチャンネルに下塗りをしてそこから選択範囲を作成し、その選択範囲でレイヤーに色模様を描いてみましょう。(アルファチャンネルは背景のぼかしなどにも使えます)
さくら-抜きkannsei -さくら-抜き

1.画像を切り抜く
(ここでは省略)

2.背景レイヤーを作る(ここでは透明としたが色付きでも良い)
メニューバーから「レイヤー」→「新しいレイヤーの追加」。
表示された新しいレイヤー画面でレイヤ名を「背景」とする2-さくら-抜き追加された背景レイヤーを一番下に移動
3-さくら-抜き4-さくら-抜き

3.チャンネルを追加
ダイアログで「チャンネル」を選択し、ダイアログ内を右クリック。表示されたメニューで「チャンネルの追加」をクリック。
表示された新チャンネル画面で名前を付けOK。不透明度を0(透明)にする。6-さくら-抜き

4.チャンネルに模様を付ける(ここではソリッドノイズ模様とした)
先ず追加されたチャンネルを選び(クリック)、メニューの「フィルター」→「下塗り」→「雲」→「ソリッドノイズ」と進む
7-さくら-抜き

表示されたソリッド画面で模様を付ける。
プレビューを見ながら「乱数種」などを変えて模様を選ぶ。Xサイズ、Yサイズから画面横縦の模様の細かさを設定できる。
8-さくら-抜き9-さくら-抜き

5.チャンネルから選択範囲を作る
アルファチャンネルを右クリック、表示されたメニューで「チャンネルを選択範囲に」をクリックして選択範囲を作る。10-さくら-抜き

6.背景レイヤーを選択範囲で色を塗るダイアログでレイヤーを選び、背景レイヤーをクリック。選択されたレイヤーに任意の色を塗る(ここでは淡いブルーを塗った)
11-さくら-抜き

色が塗られた状況(背景レイヤーは透明としていたので透明部分がそのまま残っている)13-さくら-抜き

<参考>薄いブルーの背景を少し濃いブルーで塗るとこんな感じ
(背景レイヤのみ表示)
薄いブルーの背景15-さくら-抜き

濃いブルーで模様塗り
16-さくら-抜き

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中