WindowsLive メール、迷惑メール(セキュリティ)対策

迷惑メールは中々シッコイもののようです。ただ単に「商品の広告」だけのメールから、「ご注文を頂きましてありがとう、取消のメールがなければ商品を発送します」などというとんでもないメールまであるようです。身に憶えのない請求メールなどには返信せずに、県の「消費生活センター」や所轄警察の「生活安全課」に相談しましょう

WindowsLive メールもいろんなメーラーを同じように多くのセキュリティ対策があります。迷惑メールもセキュリティ対策の一部です。「受信拒否」など迷惑メール対策などを復習してみます(Outlookメールのセキュリティ設定はこちらをご覧ください)。

1.セキュリティオプション画面を開く(ここでセキュリティ設定を行います)
メニューから「ファイル」→「オプション」→「セキュリティのオプション」として、「セキュリティのオプション」画面を開きます。
1-meiwaku 8-meiwaku

2.セキュリティ(ウィルス対策)を設定
「セキュリティのオプション」画面の「セキュリティ」タブを開き、セキュリティゾーンを制限付きにすると同時に勝手にメールが送信されないようにします。また、差出人セーフリストに登録されてない人から受信したHTMLメールでは画像やコンテンツ(実行ファイル)を開かないようにします。
HTMLメールを楽しんでいる方はセーフリストにお友達のアドレスを登録しましょう。
5-meiwaku

「オプション」タブで迷惑メールの処理レベルを設定します。
判定は100%完全ではありえませんので、マイクロソフトに任せて直ちに削除することはやめた方が良いと思います(迷惑メールフォルダに必要なメールが振り分けられることもあります)
2-meiwaku

3.フィッシングメール対策
マイクロソフトがフィッシングではないかと判断したメールは迷惑メールフォルダへ入るようにしましょう
「セキュリティのオプション」画面の「フィッシング」タブを開き、フィッシングメール(100%ではありません)は迷惑フォルダに入るようにします
3-meiwaku

4.受信拒否リストへの登録
迷惑と考えるメールのアドレスやドメイン名(アドレスの@以降)は受信拒否リストへ登録しましょう
「セキュリティのオプション」画面の「受信拒否リスト」タブから追加登録をします(6.に後述するように、「セキュリティのオプション」画面を開くことなくメールフォルダから直接設定することもできます)4-meiwaku6-meiwaku
受信拒否リストへ登録されます
7-meiwaku

5.差出人セーフリストへの登録
「セキュリティのオプション」画面、「セキュリティのオプション」画面を開くことなくメールフォルダから直接設定することができます)タブから受信拒否リストと同じ要領で登録できます。
以下の6.のとおり「セキュリティのオプション」画面を開くことなくメールフォルダから直接設定することもできます)

6.メールフォルダのメールから直接セーフリストや拒否リストへ登録
受信トレイや迷惑メールフォルダ、ゴミ箱にあるメールから、直接セーフリスト「受信拒否リスト」や「差出人セーフリスト」へ登録できます。便利です。
フォルダにあるメールを右クリックし、表示されたプルダウンメニューから「迷惑メール」をクリック。
更に表示されたメニューから「「受信拒否リスト」や「差出人セーフリスト」に追加(登録)できます。10-meiwaku

広告
カテゴリー: ウィルス, メール, メール, WindowsEssentials タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中