GIMP、余計な画像を消す(スタンプを使う)

写真はすべてのものが写ります。「この看板がなかったら」とか「この人影が写ってなければ」と云っても絵画ほど簡単には消せません。
しかし多くのフォトレタッチソフトと同じように、GIMPでも写真から余計なものを消すことができます。
16-旗竿 16-2-旗竿

【ツールのスタンプを使って旗竿を消す】  サンプル画像

1.読み込んだ画像のレイヤーを複製してレイヤー名を「旗竿加工用」とする
(複製することに意味はありません、比較のため原画を残しただけです)2-旗竿

2.ツールから「スタンプ」を選び、ツールのオプションでボケのある円ブラシを選び、消去するものの大きさに合わせてサイズを決める(ここでは30とした)
3-旗竿

3.基準点を決め、旗竿部分をドラッグして消す
基準点は「Ctrl」を押しながらクリックした場所となる。ドラッグすると基準点もマウスの動きに合わせて移動し移動位置の画像に入れ替わる。クリックでは基準点は動かず、基準点の画像に入れ替わる。
4-旗竿

5-旗竿

4.消すものの周辺に良くあった場所を基準点に選び直す。またブラシのサイズを場所にあった大きさとする。なお表示倍率を変えて作業しやすいように画面を拡大して行う。
6-旗竿7-旗竿

8-旗竿9-旗竿

10-旗竿11-旗竿

5.ポールの前面にある小枝を復元する
枝の適当な場所を基準点として、枝の上でクリックして枝を復元する(ポールのさび色が回り込んでいる小枝からさび色を除く)12-旗竿

13-旗竿

6.完成16-3-旗竿

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中