Windows、既定のプログラムを変える

多くのドキュメントファイルはダブルクリックすると自動的にアプリが起動してファイルが開きます。その時起動したアプリ(ソフト)が既定のプログラムです。いちいちアプリを起動することなしにファイルが開かれるので既定のプログラムを適当に設定してけば便利です。なおファイルから直接に開くアプリは既定のプログラム以外でも使うことができます。

既定のプログラムの設定方法についてもいろんな方法がありますが、一つの方法を書いてみます。なお既定のプログラムが変るとファイルのアイコンも変ります。
(アイコンの表示)
1-既定2-既定

【既定のプログラムを変える】
JPEGファイルの既定プログラムがGIMPとなっているので、一般的に使い易く軽いフォトギャラリーに変更します
1.ファイルを右クリック、「プロパティ」を開く。
フォトギャラリーで開きましたが、エクスプローラからでも同じです。
名称未設定5-kitei

2.開いたプロパティ画面で、既定のプログラムが「GIMP」になっているのでプログラムの変更をクリック
2-kitei

3.既定のプログラムを変更
開いた使えるプログラム一覧からフォトギャラリーを指定
3-kitei

プロパティ画面の既定のプログラムがフォトギャラリーになったので「OK」4-kitei

4.写真ファイルを直接GIMPで開く
写真ファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「GIMP]をクリック6-kitei

カテゴリー: Windows, Windows 8, Windows8.1 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中