GIMP、前景抽出などで選択した後の選択範囲の補正(クイックマスクモード)

クイックマスクモードについては選択範囲作成に関連して何回か書きましたが、選択範囲の修正に便利な機能なので、改めてクイックマスクモードに絞って書いてみます。
16-クイックマスク

 

【クイックマスクモードで選択範囲を修正】

1.クイックマスクモードとする
前景抽出(など)で選択範囲を作った画像で、左下隅のクイックマスクモードボタンをクリックする14-クイックマスククイックマスクモードとなり、非選択範囲が赤く塗られる
3-クイックマスク

2.ツールの「ブラシ」で修正。
ブラシの形は円形でボケのあるものとし、色は「白」で塗れは選択範囲に、「黒」で塗ると非選択となります。原画は4000×3000サイズです。ブラシのサイズは写真のサイズなどにより適当に選定してください。
4-クイックマスク

黒で塗り、非選択範囲に(不要な水面の影を非選択範囲に)
5-クイックマスク

白で塗り、選択範囲に(羽の一部が選択されてなかったのを選択範囲に)6-クイックマスク

細かい所は表示倍率を大きくし、ブラシのサイズを小さくして補正
7-クイックマスク

時々、クイックマスクモードを普通に戻し、選択状況を確認
8-クイックマスク

丁寧に根気よく行えば、ほぼ満足のゆく選択範囲となります(写真の画素数が大きい状態で作業するほどきめ細かく選択できます。完成後任意のサイズに縮小してJPEG画像などで書き出し)
9-クイックマスク

3.選択境界線をぼかす
選択範囲の境をぼかすことでより自然な形となります。目的によりぼかす量は異なると思いますが、ここでは5px としましたがもっと大きくて良かったかも知れません。
メニューの「選択」→「境界をぼかす」、表示された画面でぼかしの量を設定する。10-クイックマスク

4.選択範囲を使って写真を加工
選択範囲をコピーして貼り付けて見ました
11-クイックマスク

15-クイックマスク

カテゴリー: GIMP タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中