「前景抽出」選択の詳細手順

「前景抽出」選択については何回も書いてきましたが、今回は手順を詳細に書いてみました。
下図左の写真の中央にある花を「前景抽出」選択で切り抜いてみます。紫花選択MG_3463 紫花選択MG_3463元絵は4000×3000です。以下の説明において「ブラシのサイズ」や「表示倍率」の設定は、絵のサイズにより、またPCモニター画面の大きさによって変わってきます。

1.前景抽出する部分をおおまかに囲う
ツールボックスから「前景抽出」を選び、ドラッグして始点へ結ぶ
2-zennkei

2.ドラッグが一周するとドラッグした部分が「前景抽出」のおおまかな選択範囲となる
この範囲から抽出する部分を指定してゆく。
4-zennkei

3.最初に、表示倍率を大きくして、抽出(選択)操作を容易にする
メニューの「表示」→「表示倍率」→ここでは「100%」にした(元絵のサイズにより適当な倍率に)
20-zennkei

水平、垂直のスクロールバーで画像を中心に持ってくる
5-zennkei

4.前景抽出範囲の細かい指定
抽出範囲(ここでは花びら)をおおまかにドラッグする(一筆書きでドラッグ)
一筆書きでなぞった(ドラックした)部分が選択される。ドラッグする範囲は下図の程度で良い。後はコンピューターが類似の色の範囲?を計算して選択範囲が決まります。ドラッグの色は前景色ですが何色でも良いです(もちろんより丁寧に塗ればより正確に選択されます)。6-zennkei

5.ほぼ希望通りに選択された
未だ花びらにブルーの部分が見えるなど選択ミスがあるが、後はクイックマスクで補正するのが簡単です(この状態で選択されてない部分を更にドラッグすると、より正確に選択されます)
7-zennkei

「Enter」キーを押して普通の選択状態とする(前景抽出の終了)
8-zennkei

6.クイックマスクをかける
画面左下隅の「クイックマスク」をクリック
9-zennkei

7.「ナビゲーションを表示」を使う
ダイアログで「ナビゲーションを表示」を選び、表示倍率や表示場所の操作を容易にする。
表示倍率はスライダーで変え、表示位置はナビゲーションの表示画面でドラッグして変える
10-zennkei

8.選択範囲を追加修正(選択範囲とするには白ブラシで塗る)
ツールボックスで「ブラシ」を選び、色は「白」、ブラシの形状は「ボケのある円」、サイズは塗る場所に合わせて設定(ここでは9px)。
選択されてない赤く表示されている場所をドラッグあるいはクリックして塗る。
11-zennkei

時々、クイックマスクを外して、選択状況を確認する
12-zennkei

9.選択範囲からの除外修正(選択範囲から除くには黒ブラシで塗る)
ブラシの色を「黒」にして、選択範囲から除く部分をドラッグ若しくはクリックする。ブラシサイズは適宜変更して、はみ出ない大きさにして塗る(ドラッグ)。
13-zennkei

10.失敗したら前へ戻す
メニュー「編集」→「ブラシ描画を元に戻す」
14-zennkei

11.クイックマスク作業完了、クイックマスクを外す
15-zennkei
16-zennkei

12.選択部分を新しいレイヤーとする
メニュー「編集」→「コピー」。メニュー「編集」→「貼り付け」
17-zennkei

13.貼り付けられたものを新しいレイヤーとする(フローティング状態をレイヤーにする)
18-zennkei

新しく貼り付けられたレイヤー名を「花」とした
19-zennkei

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中