GIMP演習、境界線に沿って描画する方法

選択境界線に沿って描画すると選択されたものを強調する効果があります。ここでは文字の境界に描画する基本の操作を書いてみました。

難度3
1-境界線

難度2
2-境界線

基本
3-境界線

【文字の縁をブラシで装飾する方法】
1.新しい画面を作る
800×600の白の画面を作りました
4-境界線

2.文字を入力
別府と入力
6-境界線演習なので、文字サイズを大きくして境界をわかり易く
7-境界線

3.色域選択を使い文字部分を選択
文字のレイヤーで実行
8-境界線

4.新しいレイヤーを作成(このレイヤーに境界線を描画させます)
レイヤー名は境界線としました
9-境界線

5.ブラシの特性を設定
境界線レイヤーを選び、ブラシの設定を行います。ブラシの種類(ここで花を選んでいます)、サイズ、ブラシ間隔、動的特性などは基本のまま(散乱なし、Basic )。
12-境界線

6.境界線を描画
境界線レイヤーを選んでいることを確認し、メニューの「編集」から描きます(なお描画しようとするレイヤーに透明保護が設定されていると描画されませんのでご注意を ※1参照10-境界線

完成です
13-境界線


※1 透明保護
保護なしレイヤー透明保護

カテゴリー: GIMP タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中