パワーポイントの切抜き、いろいろ

MS オフィスのパワーポイントの切抜き「背景の削除(動画で説明)」以外について試してみました。
画像の切抜きは図形の結合から行いますが、きまりきった四角(◇)、丸(〇)、三角(△)の他、「フリーフォーム」を使って任意の形で切抜きができます。

例えばフリーフォームを使って下図のような加工もできます(勿論、GIMP や Photoshop などのレタッチソフトに比べれば機能は低いですが、プレゼンテーション用なら十分に使えると思います)。
18-P-P

1.図形の結合の基本
丸三角四角図形で「図形の結合」を行ってみましょう。
図形を二つ(複数個)描き一部重ねます。図形全体を囲って選択し①、「描写ツール、書式」タブ②から図形の結合をクリックし③、プルダウンメニューを表示させる。
2-P-P

2.接合、型抜き/合成、切り出し、重なり抽出、単純型抜き
プルダウンメニューで機能を選ぶと画像が加工されます(切り抜かれます)。単純に重なった画像全体を選択した場合は一番上(前面)の画像が優先されます。
P-P

図形の選択順序を変えると一番先に選んだ図形が優先されます。「 Ctrl 」キーを押しながら各図形をクリックすることで選択の優先順位が設定できます。
4-P-P

具体例として月を切り抜く場合は、
①元絵(お月さまの写真)を開き、②お月さまの大きさの円を描き重ねます。③円図形の透明度を上げて下の画像が見えるようにしてサイズや位置合わせを容易にする。3-P-P

円図形をお月さまに重ねて、元絵を選択二番目に円を選択して、「図形の結合」から「重なり抽出」(下図では切抜き抽出した後、黄色い枠を入れています)5-P-P

3.フリーフォームで任意の図形を切り抜く(イラストなど絵を描くときにフリーフォームは役立ちます)
切抜く元絵を表示。ホームタブから「フリーフォーム」を選択
10-P-P

切抜く図形(ここではハスの花)に沿ってクリックしてなぞる
11-P-P

一周して始点に戻ると図形ができる。作成した図形の透明度を上げて、図形修正などの操作をしやすくする。
図形の修整は描いた図形を右クリック、表示されたメニューで「頂点の編集」を選ぶ
12-P-P

フリーフォームの線をドラッグすると描写線の修整(図形の修整)ができる13-P-P

丁寧の図形を修正して完成させる(私はいい加減でやめたが、、、丁寧にしてください)
14-P-P

写真を一番に選択、次に図形を選択。
「図形の統合」から「重なり抽出」をクリック、写真が切り抜かれた・
15-P-P16-P-P

切抜いたものをコピーして貼り付け、位置やサイズを調整して完成
19-P-P

JPEGで保存
18-P-P

カテゴリー: Office(オフィス), PowerPoint タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中