GIMP、操作画面(ツールオプション、ダイアログ)の修整

GIMPではツールボックスやダイアログボックス(レイヤーやパスなど)が分離して表示されていましたが、現在(多分 Ver 2.8以降)は作業画面とこれらのものが一体化したシングルウィンドウモードが使えるようになっています。
GIMP画面

既にシングルウィンドウモード化の方法と、何らかの理由でシングル化画面に失敗した場合のシングル化修正方法については書きました。
ここでは、以下の二つについて書いてみます。
1.ツールボックスにツールオプションがない場合場合の復旧方法、
2.ダイアログボックスからブラシやグラデーションがなくなった場合の復旧方法

【ツールボックスにツールオプションがない場合の復旧方法】

1)最初の状態
suta-to

2)ツールオプションを表示させる
ウィンドウズ→ドッキング可能なダイヤログ→ツールオプション
2-名称未設定

3)ツールオプションをダイアログから出す
レイヤーなどのダイアログに入った
3-名称未設定

ドラッグして外に出す
4-名称未設定

出た
5-名称未設定

4)ツールボックスに入れる
ツールボックスの下へドラッグ
6-名称未設定

入った
7-名称未設定

【ダイアログボックスからブラシやグラデーションがなくなった場合の復旧方法】

1)ダイアログからブラシなどがなくなった画面。ここにブラシなどを表示させます。1-daiarogu

2)ブラシなどをドッキングさせるには
「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」とし、表示されたメニューから「ブラシ」「パターン」「グラデーション」「フォント」「パレット」を追加してみましょう
2-daiarogu

3)パターンをドッキングさせた
上記で「パターン」をクリックすると、レイヤーなどのあるところに「パターン」がドッキングした
3-daiarogu

4)追加したパターンを外に出す
パターンを画面上にドラッグする
4-daiarogu

5)ダイアログの下の段(正規の場所)へ入れる
外に出したパターンのマークを掴んでダイアログの一番下の所へドラッグ、ブルーの線が表示されたらドロップする
5-daiarogu

6)正規の位置にパターンが入った
6-daiarogu

7)グラデーションを追加する
上記のパターンと同じように「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」とし、グラデーションを選ぶ。
ドッキングされた「グラデーション」を外に出す。
そしては今度は正規にドッキングされた「パターン」の隣へドロップする
7-daiarogu

グラデーションが追加された。
8-daiarogu

8)必要なダイアログを順次追加する
同じ要領で、「ブラシ」「パターン」「グラデーション」「フォント」「パレット」を追加します
9-daiarogu

カテゴリー: GIMP タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中