パスワードを整理してみた(エクセル、USBメモリー)

パソコンを使っているとパスワードがどんどん増えてきました。
パスワードはその時々でノートに記入してきたので、メモ類の中に埋もれて一瞥ではわからない状態です。
しかし今まではあのブログのパスワードはあの辺、Facebook はこの辺と何となくわかり済んできました(でもパスワードが全部で何個持っているのか、分からなかった)。しかし物忘れがどんどん進む中、これではまずいと思い整理することにしました。

整理の考え方
1.エクセルファイルで管理する(アクセスで管理するほど量は多くない、ないはず)
—-パスワードは52個ありました
2.USBメモリー(暗号化)に保存する
—-BitLockerを使用する、
Windows8以降OK、Windows7は Ultimate と Enterprise エディションで使えます。
3.シート保護を使い、誤修正など避ける
—-確認が操作の中心(書替は不要な場合が多い)
4.並び替えに使う項目(種別など)はリスト入力とする
—-リスト入力と名前定義・管理
5.書式設定で見易い表とする
—-種類ごとに(メールはメールで一括)並べる、タイトル行固定、一行おきに色付け、条件付き書式、シート名&見出しの色

【エクセルパスワード管理の作成】

2.USBメモリーの暗号化
USBメモリーの暗号化については既にブログに書きましたのでこちらをご参照ください
なお自分のパソコンであれば、いちいちパスワード入力は必要なく使えますので、暗号化による不便はまったくありません。
USB暗号化

3.シート保護をかける、解除する
パスワード表は新たにパスワードを設定した時に書き込むだけで、普段は見るだけ読むだけです。
誤操作による書替を防ぐため、シート保護はかけておくべきだと思います。
1)データ範囲のセルをロック
既定の設定では全セルがロックされていますが、念のため全データ範囲を選択してセルをロックしておきましょう。
ホームリボンで「セルの書式」をクリック、プルダウンメニューで「セルの書式設定」をクリック。開いたセルの書式画面で、保護タブを選択しロックにチェックを入れ、「OK]
13-pasuwa-do
2)シート保護をかける
校閲リボンで「シートの保護」をクリック
表示された「シートの保護」画面で、「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェエクを入れる、セルを選択することは許可しておくと目的のパスワードなどを選択できるのでチェックを入れましょう。
14-pasuwa-do

セルの内容を変更しようとしても、注意画面が表示されて変更できません。
一気にすべてのパスワードを登録できず時間を置いて追加する場合も多いと思いますが、このような作成途中でもシート保護は有効にしておきましょう。15-pasuwa-do

3)シート保護の解除
校閲リボンで「シート保護の解除」をクリックします
16-pasuwa-do

4.リスト入力を使う
パスワード表では、ブログならブログ、メールならメールが並んでいる方が見易いと思います。このため並べ替えに使う項目(パスワードの種類など)はいつも同じ文字である必要があります。
同じ内容でも、ひらがなとカタカナ、大文字と小文字、当然ですが日本語と英語はパソコンは違うものとして扱います。更に、人は気分によって分け方さえ変えてしまうことがあります。
このため並べ替えや検索に使う項目はリスト化して、この中から選択して使うようにすれば間違いが減ります。
リスト入力では名前定義により、リスト名を付けておくとわかり易くなります。
1)リスト作成
今回は種類と第2認証をリスト化しましたが、種類のリスト作成の例は以下の通りです。種類シートを選び、分類する区分を作成し選択、数式リボンで「名前定義」をクリックし、更に表示された「名前定義」をクリック。表示された「新しい名前」画面でタイトル行(種類)を外すように参照範囲を変更し、「OK」
10-pasuwa-do

2)種類列をリストからの入力に変える
データシートを選び、タイトル列(A2:A200の範囲)を選択し、データリボンの「データの入力規則」をクリックし、更に「データの入力規則」をクリック。表示された「データの入力規則画面の設定タブを選び、入力値の種類を「リスト」、更に「リスト」とする。空白を無視するとドロップダウンリストから選ぶにチェックを入れる。続いて元の値に「=種類」とリストの名前を書き込み、「OK」
11-pasuwa-do

3)種類の入力
種類列を選ぶ(クリックする)とリストの内容が表示されるので該当するものをクリックして入力
12-pasuwa-do

5.見やすい表とする
1)並べ替え
データの追加など行った時は並べ替え直しておく(シート保護は解除された状態)。
全データ領域の選択は、タイトル行を選択し、「Shift」「Ctrl」キーを同時に押しながら「Enter」キーを押す
17-pasuwa-do

データリボンで、並べ替え、開いた「並べ替え」画面で「レベルの追加」、有線されるキーで種類
再度「レベルの追加」をクリックして、「次に優先されるキー」で名称を選ぶ⑦⑧
「OK」で並べ替えが実行される。
18-pasuwa-do 19-pasuwa-do

2)タイトル行の固定
沢山のデータがあるとタイトル行も移動して見えなくなりますが、常にタイトル行が表示されていると見やすい表となります。
表示タブから「ウィンドウ枠の固定」の下向き三角「▼」をクリック、表示されたドロップダウンメニューで「先頭行の固定」をクリック
9-pasuwa-do

3)一行毎に色を付ける
沢山の行があると見誤り易くなります。このため一行毎に色を付けて見やすくします。
これは条件付き書式で数式を使うのが便利と思います。
先ずデータ範囲(ここでは2行目から200行としました)を選択し、22-pasuwa-do

ホームリボンで、「条件付き書式」→「新しいルール」。
開いた「新しい書式ルール」画面で「数式を利用して書式設定するセルを決定」をクリック、「新しい書式ルール」画面で数式を入力する。
数式は偶数行を選択する式、=MOD(ROW(),2)=0 を記入し、書式をクリックして塗る色を黄色に変えた(当然、書式で文字の色を変えることもできます)。
20-pasuwa-do
21-pasuwa-do

同じように種類の項目はメール、ブログなどないようにより色が変わるように条件付き書式を設定しましたがここでは省略。

4)シートラベルの設定
このパスワードファイル(ブック)にはデータとリストの2枚のシートがありますので、シートに名前を付けるとともに色を変えてみました。
23-pasuwa-do

シート名の変更は、シートラベルを右クリック、「名前の変更」をクリックして修正可能として書替(ここでは「種類」)。
シートの色を変えるには、シートラベルを右クリックし、「シート見出しの色」をクリック。表示された「テーマの色」画面から任意の色を選ぶ。「その他の色」をクリックすればより多くの色が選べる。
25-pasuwa-do

広告
カテゴリー: エクセル, BitLocker, Office(オフィス) タグ: , , , パーマリンク

パスワードを整理してみた(エクセル、USBメモリー) への4件のフィードバック

  1. 西野五十雄 より:

    パスワードの管理は私もExcelで管理していましたがこういう方法があるとは考えもしませんでした。貴重な方法を教えていただき有難うございます。

    いいね

  2. 井上哲朗 より:

    お役に立ってうれしいです

    いいね

  3. 石黒 久輝 より:

    社会人も5年目になり、登録するサービスや社内のソフトなどのパスワード管理が増えて困っていたのでこの方法を参考にやってみようと思います。
    ありがとうございます。

    いいね

  4. 井上哲朗 より:

    お役に立ってうれしいです

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中