GIMP演習(パスとブラシ)

GIMPで写真を加工してみましょう。
ファジー選択でかぐや姫を切抜き、月夜の写真へ貼り付け、パスに沿って文字を並べ、姫と文字の境界(選択線)に沿ってブラシでスパーク玉を散らす作業です。元写真かぐや姫月夜はダウンロードできるようにしました。
月夜-3

【月夜の写真の明るさを調整する】
「月夜」をGIMPに読み込み、メニューの「色」→「レベル」と進み
表示された「レベル」画面で、最高白のレベルをヒストグラムの一番上に移動し、中間レベルを調整して、イメージに合う明るさとする。
1-かぐや

【かぐや姫を月夜の中に貼り付ける】
1)かぐや姫を選択する
1)かぐや姫を読み込み、ツールボックスからファジー選択を選び、背景の白部分をクリックして背景を選択
2-かぐや

2)選択範囲を反転し、かぐや姫を選択
メニューの「選択」から「選択範囲の反転」
3-かぐや

3)クイックマスクで抜け具合を確認・修正
クイックマスクマスクをクリックして選択外部分を赤く染め、抜け具合を確認。必要があれば「白(選択範囲にする)」ブラシ、「黒(非選択にする)」ブラシで補正する。終わったらクイックマスクを外す。4-かぐや

4)選択境界線をぼかし、切抜きの不自然さをなくす
メニューから「選択」→「境界線をぼかす」と進み、表示された画面でぼかしの量を10Px とする(かぐや姫の画像サイズが800程度なので、この例では10%程度のぼけで10とした)
5-かぐや

【かぐや姫を月夜に貼り付け】
1)選択部分をコピー
メニューから「編集」→「コピー」で選択部分をコピー
7-かぐや

2)月夜にかぐや姫を貼り付ける
月夜の写真を表示し、メニュー「編集」から貼り付け。
レイヤーはフローティング状態となっているのでレイヤー化する
8-かぐや

3)かぐや姫の大きさや挿入位置を調整する
ツールボックスの「移動」や「拡大・縮小」を使い場所とサイズを調整する。「拡大・縮小」をする場合は縦横比を固定する(クリックして鎖マークを連結とする)とやり易い。
9-かぐや

【文字をパスに沿わせる】
1)文字を入力する
10-かぐや

2)パスを作成
ツールボックスで「パス」を選び、パスの経路を順にクリックする
11-かぐや

パスを滑らかに
方法は省略(パスのアンかー点はドラッグして移動する。ハンドルや方向線でカーブを滑らかにする)。
取りあえずは、短い間隔でパス経路を作れば十分に滑らかに見える30-かぐや

文字のサイズを変えてみた
方法は省略(文字毎に大きさや間隔、上下位置を変えられます)
13-かぐや

パスに沿って文字を並べる
文字レイヤーを選択し、右クリック、表示されたドロップダウンメニューで「パスに沿ってテキストを変形」をクリック
14-かぐや

パスに沿って文字が並んだが、パスに比べて文字列が短いので、やり直り(メニュー編集から戻る)
15-かぐや

文字を大きくし、字数も増やした(逆に文字が大きすぎると変な形となるので、その時はサイズを小さくする)
16-かぐや

パス(文字はパスに変換されている)を選択範囲とする
ダイアログで「パス」を選び、文字のパスを右クリックして表示されたドロップダウンメニューで「パスを選択範囲に」をクリック。パスを選択範囲に変えた。
31-かぐや17-かぐや

3)パス(文字のパス)を選択範囲として色を付ける
文字のパスが選択範囲となったので、新しい透明レイヤーを作り(レイヤー名は「文字の色」とした)、ツールボックスから「ブレンド」を選び、ツールオプションで適当なグラデーションを選択し、画面をドラッグして、選択範囲にグラデーションで色を塗る。
18-かぐや

ダイアログのパスでパスの表示を消す(目玉マークをクリックして消す)
20-かぐや

4)かぐや姫の周りに金色のスパーク玉を散らす
「かぐや姫」レイヤーの上に「光1」、下に「光2」「光3」という三つの透明レイヤーを作る。
かぐや姫を選択範囲とするため、かぐや姫レイヤーを右クリックして表示されるドロップダウンメニューから「不透明部分を選択範囲に」をクリック。
レイヤーは「光3」とする。
ツールボックスからブラシを選び、ブラシは「G_Sparks 」、サイズは「70」、動的特性は「 Dynamics Random 」、散布は「6」とする。メニューの「編集」から「選択範囲の境界線を描画」を選び、表示された「選択範囲の境界線を描画」画面で、描画ツールを使用、ブラシで描画として境界線にそってスパークを散らす。
21-かぐや

同じことを「光2」レイヤーで行う

次に「光1」レイヤーを選び、ブラシサイズ「80」、散布「8」に変えて同じ描画を繰り返す(「光1」は「かぐや姫」レイヤーの上にあるのでブラシ描画はかぐや姫にもかかって見える)22]-かぐや

5)文字にスパークを散らす
「文字の色」レイヤーを選び、不透明部分の選択から文字を選択範囲とする。
新透明レイヤー「光文字」を作り選択、上記と同じようにスパークで境界線を描かせる。
ブラシサイズ「80」、散布「6」に変えて描画する。23-かぐや

文字に散らしたスパークをぼかす
「光文字」レイヤーで、メニューの「フィルター」から「ぼかし」→「ガウスぼかし」と進み、表示された「ガウスぼかし」画面でぼかし量を35として「OK」
24-かぐや

完成
月夜-2

何かお月さまが近すぎるので、お月さまを移動した(操作は省略)
月夜-3

広告
カテゴリー: GIMP タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中