パンをよりおいしそうに見せよう(GIMP加工演習)

写真は難しいです。光線の具合で見え方が変わります。しかしプロの写真家で無い私には写したものを見るまで分からなかったり、またもし分ったとしても光線の具合を、照明を変えることはこれまた難しい。
私にもできる次善の対応は、フォトレタッチソフトを使って写真をそれらしく修正することです。
ここではオープンソースのフォトレタッチソフト・GIMPを使ってパンの写真をよりおいしそうに加工してみます(元絵はダウンロードできます)。
比較写真

【パンをよりおいしそうに! 操作手順】
1.構図を決める
ツールボックスから矩形選択を選び、トリミングする。トリミングする範囲を決めたら、メニューの「画像」→「選択範囲で切抜き」をクリックしてトリミングを完成させる。
1-トリミング2-トリミング 3-トリミング

2.前景抽出でパンを選択する
前景抽出の詳細については既ブログ(「前景抽出」選択の詳細手順 )をご覧ください。
1-キャプチャ4-選択2-キャプチャ3-キャプチャ6-選択7-選択

9-切抜き完了-境界をぼかす

3.選択境界線をぼかす
選択範囲の境界線をぼかし、切り取り境界の不自然さを減らす
メニューの「選択」から「境界線をぼかす」を選ぶ。
表示された「選択範囲の境界をぼかす」画面で6pxとして「OK」(画像が3000程度なので0.2%のぼかしとした。画像の内容によっては0.2~1.0%などぼかし量を変える)。
10-境界をぼかす

4.パンを新レイヤーにする
パンが選択されたので選択範囲をコピーして貼り付け、パンレイヤーとする。
メニュー「編集」→「コピー」し、そして同じように編集から貼り付け
20-パンをレイヤーに

21-パンをレイヤーに22-パンをレイヤーに

23-パンをレイヤーに

5.パンレイヤーの画質加工
「パン」レイヤーを選択し、メニューの「色」→「レベル」と進み、レベル画面を表示させる(「原画」レイヤーと「パン」レイヤーは連結し位置関係がずれないようにしておく方が良い)24-パンをきれいにに

1)レベル画面での調整
黒レベル、白レベルと中央値をドラッグして変更し。パンがきれいに見えるようにする25-パンをきれいにに

2)シャープネスを調整メニューの「フィルター」→「強調」→「アンシャープマスク」と進み、表示された「アンシャープマスク」画面でプレビューで効果を見ながら、シャープネス化する粒子のサイズ(半径)、量を設定し、「OK」
26-パンをきれいにに

6.背景の修整
「原画」レイヤーの明るさとコントラストを調整してパンをきれいに見えるようにする。
メニューの「色」→「明るさ-コントラスト」と進み、表示された「明るさ-コントラスト」画面で背景の明るさやコントラストを調整する
28-パンをきれいにに

7.完成
加工処理owari

なお、JPEG で保存するには、以下の通り
29-パンをきれいにに

広告
カテゴリー: GIMP, 写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中