Windows8.1、リフレッシュしてもデスクトップアプリが残る方法

Windows7以降、OS自体が安定性を増したのでXPの時代(特に初期)に再三行った再インストールなどは、やったことがありません。
Windows8.1でのアプリがらみの復旧は「システム復元(Windows8、セーフモード起動の方法が変ってた)」を使う程度で済んでいます。

しかし器械は壊れるもの、OSを含んだシステム復元の必要がいつ起こるか知れません。
Windows8でのアプリ・OSの復旧には、上記「システム復元」のほか三つの復旧方法があります。
1)まったく起動しない場合の起動メディア(USBなど)から起動させてのイメージファイルによる復旧
2)システムが起動するなら、すべてを初期状態に戻す(パソコンの廃棄、譲渡時にも使えます)、
3)PCリフレッシュ、個人ファイルやストアアプリは残してデスクトップアプリのみを消してしまう復旧
の三つです。
PC復旧

Windows8.1でも使用するソフトは殆どすべてデスクトップアプリですので、PCリフレッシュは使えないなあと思っていたのですが、マイクロソフトのWiki記事サイト(Windows→Windows8.1→修復と復元)に、PCのリフレッシュでデスクトップアプリを残す方法がありました。
以前に作ったイメージファイルからデスクトップアプリも復元されるとの事で、USB起動メディアからの復元に似ており使えそうです(使う機会のないことを祈りますが)。

詳しくはマイクロソフトのWiki記事サイトをご覧ください。

なお、イメージファイルを内部ディスクに作りますので時間がかかります。暇な時に行ってください。

カテゴリー: Windows8.1 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中